前原メモ

デュエプレ中心ですが特化ではありません ゆるりと

【デュエプレ】自作構築まとめ【随時更新】

はじめに

 

この記事に自作構築を纏めていこうと思います。

 

作ったものを片っ端から載せていくのはアレなので、お気に入りのもの、評判がよかったものを厳選して紹介します。

 

もくじ

 

ジェネラルマンティス入りグッドスタッフ

 

f:id:chikanzya:20200921215327j:image

 

「超獣の始動」期に構築。

 

使っている人がほとんどいなかった《大昆虫ジェネラルマンティス》を活躍させたくて作ったデッキです。

 

《ジェネラルマンティス》を活かした構築にはなっていると思うのですが、当時の結論構築「4cボルコン」のパチモンなのがなんとも言えませんね(

 

ガルクリーフジャガルピア

 

f:id:chikanzya:20200921215339j:image

 

「英雄の時空」期に構築。

 

《アストラル・リーフ》の天敵《聖天使グライス・メジキューラ》を《ガルクライフ・ドラゴン》で粉砕するのがコンセプト。《コッコ・ルピア》を採用することで全く接点のない2匹を共存させることに成功しました。

 

ちなみに、《ガルクライフ》が刺さらない相手には《紅神龍ジャガルザー》を投げつけてビートダウンできるので一切の無駄がありませんこのデッキの《ジャガルザー》は本当に強かったです。8マナ貯めてランプジャガルザーで3打点、とかルピアルピアジャガルザーで4打点...とかやったものです。

 

4cアストラルリーフ

 

f:id:chikanzya:20200921215350p:image

 

「混沌の軍勢」期に構築。

 

カードパワーを極限まで高め、同時に事故率を減らしたリーフデッキです。

 

後に《バブル・ランプ》の登場で微妙に強化されました。ウケる。

 

霊峰メイデン

 

f:id:chikanzya:20200921215359p:image

 

 「混沌の軍勢」期に構築。

 

事故を起こしたくないという思いに満ち溢れているデッキですね。一時的にですがレジェンド帯で戦っていた思い入れのある構築です。

 

ミケガモさんやくーぼーさんと知り合うことができたきっかけでもあります。ありがたい限りです。

 

エレナヴィーナス

 

f:id:chikanzya:20220430184215p:image

 

「超神星爆誕」期にエレナ様をリスペクトして構築。

 

《ヴィーナス》でT・ブレイクした後に《ラルバ・ギア》を出してゲームを終わらせるデッキです。数字こそ出ませんでしたが、このデッキをアレンジしてマスター到達を決めてくれた方がちらほら。(使ってくださり本当にありがとうございます)

 

「ヴィーナスの高速召喚は強い」ということは証明出来たんじゃないかなと思います。(のちにカニメカオーが結果を出したのは嬉しいような悲しいような)

 

キャントリップ持ちのガーディアンが出てからが本番だッ…!

 

デイガ武者ドラゴン

 

f:id:chikanzya:20220430175549p:image

 

「武者聖戦伝」期に構築。

 

まだ《ザンゲキ・マッハアーマー》が無く、《武者》が馬鹿にされていた頃に組み上げた武者デッキです。

 

4×10構築大好きマンの私がこんなに歪なデッキを組むことは稀です(笑)調整頑張ったんだな…

 

私は!この時から!!武者は弱くないと思っていたぞ!!!

 

トリガー阿吽レジェンド

 

f:id:chikanzya:20220512091206j:image

f:id:chikanzya:20220512091218j:image

 

「ささぼーカップ」で使用。

 

1枚目が大会で使用したもの、2枚目がそこでの反省を活かして改良したものです。

 

決勝トーナメントまで行った嬉しさは忘れません…チームを組んでくれた藍乃りぼんさん、ポムポムブリンクさんに感謝を。

 

メンヘラナイト

 

f:id:chikanzya:20220430180028p:image

 

「戦国武闘会」期に構築。

 

呪文のリロードに長けたナイトと《ボルカニック・アロー》を組み合わせたデッキです。3枚の《竜極神》が時代を感じさせますね…

 

「呪文を連打していると自然とフィニッシャー(獄門イングマール)に繋がる!」というのがコンセプト。当時は《シーザー》や《HDM》といったわかりやすいフィニッシャーがいなかったんですよね。

 

強い雰囲気はあったのですが、使いこなせませんでした笑

 

※画像はカード資産がなかった時のもの。後々改良を加えたはずなのですが、画像が残っていませんでした(悲しみ)ブログやnoteを書きたい人はちゃんとスクショ取っておきましょうね。。。

 

エンシェントキリュージルヴェス

 

f:id:chikanzya:20220430180923p:image

 

「魔帝剣征」期に構築。

 

《エンシェント・ホーン》を使ったおもちゃ箱デッキ。色々なギミックが仕込まれています。お気に入りのデッキです。

 

《キリュージルヴェス》で《レオパルドホーン》をかっ飛ばすのは楽しかったなあ。※当時はレオパルドホーンのGゼロ条件が緩かった

 

ライゾウ基盤デスドラゲリオン

 

f:id:chikanzya:20220430181458p:image

 

「戦国大決戦」期に構築。

 

《バルガライゾウ》の基盤がそのまま《デスドラ》に流用出来るのでは?という考えから生まれたターボデッキです。(デスドラはドラゴンなのだ!)

 

デッキパワーは高かったのですが、黒緑速攻の《バインド・シャドウ》に何も出来ずお蔵入りに。

 

フルパワーカチュア

 

f:id:chikanzya:20220430181912j:image

 

「太陽の神歌」期に構築。

 

このブログでは珍しいガチデッキです。ムラはありますが、NEXキリコ剣誠ナイト全てと正面からぶつかり合える殺意の塊のような山でした。

 

「5cカチュア」とどっちが強いかは諸説。最大出力はこっちが上だと思うんだけどどうなのかな〜

 

城コントロール

 

f:id:chikanzya:20220430173656j:image

 

 

「超次元解放」期に構築。

 

《オガプー》下で城を貼りまくり相手をコントロールする陰湿なデッキ。

 

尽きない手札からハンデスと除去を浴びせ、《アイアンズ》と《ランブル・レクター》でフィニッシュしよう!

 

おわりに

 

随時更新予定!

【デュエプレ】新弾のカードを見よう⑦ハンゾウボロクソ言われすぎ問題

はじめに

 

お久しぶりです。前原です。

 

今日も今日とて新弾のカードを見ていきます、今回は赤白黒でまとめてみました!

 

ちんたら書いてたら全カードリストが公開されちゃいました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

前回↓

【リンク貼るよ】

 

啓示の精霊サンスクリッド

 

f:id:chikanzya:20220522065707j:image

 

こういうの欲しかった!

 

こいつと《ホーリー・スパーク》をデッキに入れておくだけで、終盤の詰めや殴り合い展開が非常に楽になるでしょう。

 

《コルテオ》に若干リードされている《スパーク》ですが、《サンスクリッド》によって立ち位置が逆転するかもしれませんね!

 

デッキを「スパーク」で固めるには…ちょっとカードプールが狭いかな…?

 

エターナル・スパーク

 

f:id:chikanzya:20220521130547j:image

 

単体のスペックだけを見ると、進化駄目なのかというのが率直な感想です。除去範囲が狭い!

トリガー付きかつ盾送りということで決して弱くはないと思いますが、積極的に採用するかと言われると分からないですね…

 

やはりこのカードの強みは「スパーク」であることでしょう《サンスクリッド》を活用する場合は採用を検討できるかと思います。

 

4コストなので《アマテラス》から放てる点も地味ながら良いですね。

 

次元院の霊騎アスファル/時空の霊騎シュヴァル

 

f:id:chikanzya:20220521130325j:image

 

まずは《シュヴァル》から見ていきましょう。

 

《シュヴァル》は何も能力を持たないいわゆる準バニラですが、種族と色が抜群に優秀で進化元に向いています。

《フェアリー・ホール》から出せる為、《キング・アルカディアス》や《バロム・モナーク》などに綺麗に繋がりますね。ネクラコントロールがかなり組みやすくなったのではないでしょうか。

 

勿論、覚醒させても強力です。

使われると分かりますが、ビートデッキを使っている時に《シューヴェルト》が立つと本当に厄介です。シールド追加のタイミング的にスピードアタッカーや進化速攻に耐性があるのが強力ですね。

ただ、意識してデッキ構築をしないとまず覚醒しないのでそこは注意。覚醒を狙うなら《ヘブンズ・ゲート》を使ったりするなどの工夫をしたいところ。

 

ちなみにシールド追加、シールドブレイクともに発動は強制です。(紙ではシールド追加は任意だったのですが、デュエプレでは強制になってしまいました)

 

続いて、《アスファル》。

 

《ヤヌス・クロウラー》同様に即効性がありませんが、ブロッカー持ちなのが魅力的だと感じました。

「チャンプブロックするとサイキック・クリーチャーが出てくる」というのは地味に厄介だと思います。

殴れたらめちゃくちゃ評価高かったんですが…それはさすがに盛りすぎか。

 

自身がアーク・セラフィムかつ、アーク・セラフィムの《ディアナ》を呼び出せる為セラフィムデッキでは除去耐性のある進化元として機能するかも?

 

落書き人形トロール

 

f:id:chikanzya:20220527062202j:image

 

編集中

 

死神竜凰ドルゲドス

 

f:id:chikanzya:20220527062208j:image

 

編集中

 

腐毒の幻ハンゾウ

 

f:id:chikanzya:20220521130340j:image

 

《威牙の幻ハンゾウ》のリメイク・クリーチャーです。

 

7/6000Wブレイカーという最低限のスタッツ、優秀な種族、そこそこ範囲の広い除去、擬似破壊耐性、条件付きシールドトリガーとかなり盛られた1枚ですが、なんかめちゃくちゃ批判されていますね。

個人的には《ハンゾウ》の特徴をうまく落とし込んだ良いリメイクカードだと思うのですが。

 

本家《ハンゾウ》のような扱いやすい防御札ではありませんが、素出しして強いクリーチャーがたまに防御もしてくれると思えばどうでしょうか。S・トリガーはおまけです。

イメージとしては、本家における「G・ストライク」持ちクリーチャーが近いかなと個人的には思っています。

 

「素出ししても強くない」という意見も見かけましたが、それはさすがにありえないでしょう。6000除去の範囲の広さは《武者・ドラゴン》が証明しています。

XX勢にあと一歩届かないのは気になりますが、《ジュカイ》、《L・デストラーデ》、大抵のサイキック・クリーチャーを破壊できるのは可能性しか感じません。

 

加えて、《武者》とは異なり、出した後は場持ちのよいアタッカーとして活躍できます。

Cip除去と(擬似)破壊耐性を両立したクリーチャーは強い…と、《ライジング・NEX》さんが言っていました。

 

f:id:chikanzya:20220522182245j:image<Cip除去と破壊耐性を両立したクリーチャーは強い

 

勿論《ライジングNEX》に匹敵するカードパワーの持ち主とは思いませんが、性質は同じなので弱くはないと思うんですよね。

 

…というわけで、ハンゾウ、期待してるぞ。

弱くても連デモの強化なのは間違いないから当たったら使うよ

 

超次元ストーム・ホール/時空の神風ストーム・カイザーXX

 

f:id:chikanzya:20220522070210j:image

 

素晴らしい調整、同時にヤバイかもしれない調整。

 

《ストーム・カイザーXX》の1回はターンを渡さなければならないという弱点をこういう形で克服するとは思わなかった…!

トリガー化の条件はさほど厳しくないので、下手すると赤い天門になるかもしれないですね。《ストーム・カイザーXX》が安定して覚醒できるのかは諸説ありますが…

 

ちなみに、(本家にも言えることですが)追加ターンを度外視しても7/12000で5000火力持ちと捉えるとなかなかに破格のスペックです。

 

爆翔イーグル・アイニー

 

f:id:chikanzya:20220521130347j:image

 

《西南》や《ヴォイジャー》を彷彿とさせる、4/3000のサポーター。

 

《GENJI》や《トルネードシヴァ》に流れるように繋げられるのは雑に強いでしょう。

 

特に《トルネードシヴァ》とは絶大なシナジーを形成している為、セットで採用したいところです。

 

スピードアタッカーじゃないフレイムコマンドがどれだけいるのかが気がかり。

 

爆竜トルネードシヴァXX

 

f:id:chikanzya:20220521130354j:image

 

貴重なXXであり、《イーグル・アイニー》と抜群の相性を誇る1枚。

流れるように繋がり、疑似7000火力を飛ばしつつビートダウン出来るのはなかなか優秀なのではないでしょうか。

 

選ばれた時にXXをサーチできる能力も良いですね。攻めっ気の強いカードにしては珍しく、除去されてもアドバンテージを失いにくくなっています。

選ばずに《シヴァ》を処理するにはブロッカーで守るのが1番手っ取り早いですが、ブロッカーには《GENJI》が刺さる…よく出来ています。

 

そして特筆すべきは《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》との相性。《シヴァ》を放置すると《メビウス》が颯爽と現れます。

《シヴァ》の効果は味方クリーチャー同士を戦わせることもできるので、何も出さないで様子見は通用しないぞ!

 

おわりに

 

そういえば、五等分の花嫁とコラボするらしいですね。

 

みくのスキンが出たら課金します。

 

それでは。

めいちゃん無料配信ライブ「ファンファーレ!」の感想

はじめに

アーカイブが残らないのと、ありのままの感想を綴りたいので「ラブライブ三昧」の時と同じようにリアクション記事になっております。完全な自己満です。感想を吐き出せる場所が無いんです

 

ライブ観た人にはどの場面のことか分かるかもしれませんね。

 

本編

 

パンダヒーロー

 

パンダヒーローからスタートは熱いぜ

観客がいるかのようなアレンジ、めいふぁみ嬉しいだろうな

裏声めっちゃ響くな

 

KING

 

めいちゃんのKING歌ってみたの中で1番いい

ボカロカバーから入るの、新規を掴んでやるんだって気合いが感じられて好きだ

 

ブライトサイン

 

高音域綺麗すぎないか

というかあれだ 切り替えがうますぎる

こんなに声質変わるんか…

 

ライムライト

 

安定してるなあ

カメラワーク良い

 

MC

 

メイチャーン おっさんオタクも観てるよォ〜

期待

 

フォニイ

 

かっけえ〜

裏声の使い方まじでうますぎるだろwww

歌うまなんなのこれ

肉チョモで見せてる姿は一体…

 

ズルい幻

 

フォニイから繋げてくる感じはした

セトリ考えられてるなあ

リズム全然ズレないな…すごい

バンメンいい顔するねwボーカルがここまで上手いと楽しいわなw

 

MC

 

声全然枯れてないね いかに発声がいいかわかるな…

マスコットとPK戦は草

49、蛇足???

仲良さそうなの草

蹴らないのかよww

だっさwwww

モービーにマジギレするの草

モービー君めいふぁみかよwwww

 

小悪魔だってかまわない!

 

モービーで笑うけど歌はうめえ

足はええ草

中身金城は草

 

MC

 

何があるんだろうか

 

ラナ

 

最新曲きたわね(初見)

作詞作曲も評価されてるのすごいなあ

たしかにアニソンっぽい

かっこいいね

88888888888

お疲れ様でした!

 

おわりに

 

いやー良かった!!!

 

3年前、肉チョモの動画を再生して良かったなあ。してなかったらこんなに良い歌い手がいることを知れなかったからな…

 

めいちゃんお疲れ様でした!

【デュエプレ】新弾のカードを見よう⑥樹海が来たぞ!

はじめに

 

お疲れ様です。前原です。

 

さて、本日も新弾のカードを見ていこうと思います。よろしければお付き合いください。

 

エンペラー・マリベル

 

f:id:chikanzya:20220519091157j:image

 

サイバー進化が再び登場、先の《トワイライトΣ》といい、サイバープッシュはまだまだ続くようですね。

種族・バウンスタイミングの違いはありますが、1コストの差で《アストラル・ラッシュ》より使い勝手が良さそうに見えます。

 

公式からも言及されていますが《ルチアーノ》との相性が非常に良好。使う際はセットで採用すると良いでしょう。

 

このカードの登場で「青単速攻」が台頭してくると面白いなと思います。

《海底鬼面城》が弱すぎて《マルコ》に寄せた方がいいってなっちゃうのがなぁ

 

ケロディ・フロッグ

 

f:id:chikanzya:20220519091205p:image

 

突如現れた新規「ゲル・フィッシュ」。

まともなカードが来たと、魚ファンの中で話題のようです。《一角魚》の上位種のようなスペックですね。

個人的には、これ以上魚を強化してほしくない気持ちが強いですね。こちとら《ノスタルジア・フィッシュ》に完封されとるんじゃ(マジ)!

 

フィッシュのファンデッキは勿論、モヤシ化したり墓地回収で使いまわしたりすれば厄介そうです。マーシャルタッチとの相性も非常に良いですね。

 

隻眼の粉砕脚ポン吉

 

f:id:chikanzya:20220519091124j:image

 

「隻眼の粉砕脚」という厳つすぎる文字の並びにちょっとびっくりしました。名前とのギャップにも戸惑ってしまうな…

 

さて、このカードは新能力マーシャル・タッチの持ち主。以前《アブドーラ・フレイム・ドラゴン》の紹介をする際に触れたアレですね。

おそらく、《ポン吉》はマーシャルタッチ持ちの中では最軽量でしょう。火力ラインこそカワイイものですが、味方を回収できる火文明の3コストクリーチャーと考えると貴重な存在です。味方の出た時効果や離れた時効果を使い回してやりたいところ。

《ポン吉》で《ポン吉》を戻せば、延々と《クリムゾン・ハンマー》を打ち込めるぞ!

 

S・トリガー持ちなのも有り難いですね。

 

大地竜機シロガシラ・ジュカイ

 

f:id:chikanzya:20220521095606j:image

 

マーシャル・タッチ、マナ爆誕※を使うデッキのキーカード。

※マナ爆誕とは、マナから召喚できる能力です。デュエプレで再現出来るんですねマナ召喚

マーシャルタッチによる使い回しやマナ爆誕を駆使することで延々と展開できる、いい意味で赤緑らしくないクリーチャーです。

《ジュカイ》のデッキを使うとわかりますが、基本的に赤緑の2色でぐるんぐるん回りますからね。赤はリソース確保が苦手とは一体?と突っ込みたくなるほど回ります。

いやまあデュエプレの赤はリソース確保得意だけど

 

そんな《ジュカイ》ですが、今回強化と弱体化の両方を受けています。

 

強化ポイントはマナ爆誕のコスト

本家は9だったので、マナ爆誕を狙うのはそこそこ大変だったのです。

後述する《カエン・ウンゼン》の存在もあり、《ジュカイ》の着地は紙より安定していると言えそうです。

 

弱体化ポイントはデュエプレお馴染み、使用可能マナは増えないの一文が付いたこと。

この制限により、

マナ爆誕クリーチャーを埋めてマナ加速→増えたマナでマナ爆誕クリーチャーを召喚→ジュカイの効果起動

という動きが若干窮屈になるでしょう。《陰陽の舞》の調整次第でどうとでもなりますが。

ただ、1トリガーで最大3マナ増えるようになったので長い目で見ると強化なのかもしれません。(紙ではマナ爆誕カードが複数捲れても、マナに埋められるのは1枚でした)

 

新たな《ジュカイ》を活かせるか、使い手の腕が試されますね。

 

ちなみにその性質上、S・トリガーやG・ゼロといったコストを支払わない踏み倒しとの相性が非常に良いです。ニンジャ・ストライク?そんな能力はないってカエルが言ってたよ

特にG・ゼロはマーシャル・タッチともシナジーしており、上手く組み込めれば一方的なソリティア展開が狙えます。

最も、盤面7体制限制限時間が存在するデュエプレでG・ゼロと組み合わせる必要があるかは疑問ですが。私は必須ではないと考えています。

 

〜以下、余談〜

 

この時期に一度引退した私が何故《ジュカイ》について多少話せるのか。

それは復帰したあとvaultというデュエマサイトでとある方が構築したジュカイデッキに感動し、使わせてもらっていたからです。

 

https://dmvault.ath.cx/deck1115605.html

 

今も活動しているかはわかりませんが、この人はいいデッキをたくさん作るんだ…

 

爆双カエン・ウンゼン

 

f:id:chikanzya:20220519091130j:image

 

《シロガシラ・ジュカイ》への繋ぎかつ《ジュカイ》で捲れても嬉しいカード。明らかなデザイナーズ・カードです。

 

ですがワンショット補佐としては《ジュカイ》をスピードアタッカー化出来ないという無視出来ない欠点も。使いやすいマーシャルタッチ持ちがどれだけいるか、ですねぇ。

 

アラゴト・ムスビ

 

f:id:chikanzya:20220519091138j:image

 

本家ではとある豆の影響で殿堂入りしてしまった悲しい握り飯。野菜じゃないんかい

デュエプレには豆がいないのでOKと判断されたのでしょう、そのままのテキストで収録されることになりました。

 

単純なマナ加速カードとしては癖が強いですが、1アクションでアド損することなく複数のゾーンに触れられるのは大きな個性。

《青銅の鎧》→《アラゴト・ムスビ》と動くだけでも手札に単色カードを抱えつつ7コストクリーチャーに繋ぐことが出来ます。

自身がマナ爆誕持ちであることもあり、《ジュカイ》を使うデッキの必須パーツであることはほぼ間違いありませんね。

 

おわりに

 

なんとか書き上げました。

 

出来るだけ楽しいテンションで、と思って書いてはいますが、更新が遅れてしまってキツイというのが正直なところです(

 

…というのも、ワクチンの副反応が想像以上に重く、2日くらいダウンしていたんですよね。39度近く出たのいつぶりだ。

 

まあこのシリーズに需要はほぼない(笑ってしまうレベルでアクセス無いです)ので焦ることもないんですけど、なんか気分的に…ねえ。

 

新パックはつば〜い!までには書き終えたいなぁ。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

【デュエプレ】新弾のカードを見よう⑤サイキックのガンヴィートをくれやぁ!【新規死神は嬉しい】

はじめに

 

お久しぶりです、前原です。

 

今日も今日とて新弾情報のまとめです。

 

それでは早速どうぞ。

 

ザ・ストロング・ガード

 

f:id:chikanzya:20220519090631j:image

 

《ホーリー・メール》の強化版呪文が登場しました。

 

気付けばデュエプレも14弾め、すっかりシールド追加もありふれたものになりましたが、それでも手札から仕込めるカードは貴重でしょう。

手札補充能力も手札を切る能力と噛み合っていて、良いカードデザインですね。

 

《マーシャル・クイーン》、《ティーツー》、《ラッキー・ダーツ》、《ヒャックメー》などと組み合わせると面白そうです。次のデッキビルド杯ではちょいちょい使われると予想します。

 

宣教師ロッカナタ

 

f:id:chikanzya:20220519090637j:image

 

彼方ちゃんだぜ〜

というわけで《ロッカナタ》。ホーリー・フィールドが発動していれば4コスト7000のW・ブレイカーになります。

 

シールドを増やす能力とシールドを参照してパワーアップする特性は《ライトニング・キッド》を思わせます。

《ライトニング・キッド》と違う点は、シールドを割られても総数で上回っていればパワーアップしたままでいられる点。

仮にホーリー・フィールドが解けてもガシガシ殴っていけば復活するので、ビートダウン性能はあちらより優れているといえそうです。

ファッティで殴るだけでは勝てないのがこのゲームの嫌らしいところですけど

 

また、スペックが安定したグラディエーターなので《エール・ソニアス》が強化されたかもしれません。(本当か?)

 

開眼者シンラン

 

f:id:chikanzya:20220519090642j:image

 

唐突な新規メカサンダーにビビる。

 

コスト踏み倒し能力を持つ進化クリーチャーということで決して弱くはないのですが、《パンダ》や《ソルダリオス》と比較すると物足りなさが否めない印象を受けます。

文明進化故に出しやすさでは勝っている…ように見えますが、踏み倒し先の縛りがキツいのがなんとも。《L・デストラーデ》を早出しするカードと見た方が良いのでしょうか。

 

《デストラーデ》を踏み倒す→《シンラン》が捲れて《デストラーデ》が乗る→ATで再び《デストラーデ》を踏み倒す…とか出来たら楽しそうです。

 

とりあえず、手札補充に長けたホーリー・フィールド持ちの実装を願いたいかな…

 

終焉の凶兵ブラック・ガンヴィート

 

f:id:chikanzya:20220519090711p:image

 

面白い能力ですが、デーモン・コマンドでハンデスをしたいなら《XENOM》や《クエイクス》で良い感じが否めません。

自分の手札を失うデメリットが大きすぎますし、そもそも7コストのアタックトリガーが遅いです…

(自分の手札を無くすことで強化されるカードや墓地召喚出来るカードがあれば話は変わってきます)

 

シールドトリガー獣、マッドネスを受け付けない能力が常在だったらなぁ…

 

死神獣ヤミノストライク

 

f:id:chikanzya:20220519091048p:image

 

新規の死神だ!!

 

死神デッキでBAに参戦(操作ミスでレポ記事消えましたけど)した前原的には嬉しいカードです。

 

気になる能力ですが、個人的には強いと思います!

 

何が強いって、《XENOM》が出せる対象に入っているんですよ。死神デッキの強さの半分くらいは《XENOM》なので、着地ルートが増えるのは嬉しいことこの上ないのです。

理論上はボーンおどりチャージャー→こいつ→デスライオスと繋ぐことで墓地3枚を満たしつつ《XENOM》を立てることができますね。

 

《ベル・ヘル・デ・ガウル》との相性も良好。早出ししつつ、《ヤミノストライク》の効果で1ガチャ回すことができます。

 

欠点としてはデーモン・コマンド以外は踏み倒せないこと破壊されないと仕事しないことが挙げられるでしょうか。

5コスト帯は激戦区なので、結局《スカル・ムーン》や《リバイヴ・ホール》に枠を譲る可能性も十分あります。

しかし、存在を覚えておくべきカードであることは間違いないでしょう。

 

爆裂大河シルヴェスタ・V・ソード

 

f:id:chikanzya:20220519160433j:image

 

睡魔に襲われて操作をミスってしまい、ここから下一度全部消えました。つらすぎる

 

コロナワクチンを接種したあとにブログ更新はあまりしない方が良いですね。疲れます。

 

閑話休題。

 

このカードはアタックトリガーで相手限定の《炎槍と水剣の裁》を放つことができます。

進化のしやすさ、パワーライン共に十分ですが、除去範囲が中途半端なのが気になりますね。中型サイキック・クリーチャーを焼ける5000くらいは欲しかったなというのが正直なところ。

 

…ひと昔前は3000ラインを焼けるカードは強かったんですけどね。《ブルレイザー》、《ペコタン》、《リーフ》を破壊出来るカードは貴重だったんですよ。

《ボルギーズ》がバカみたいに強かったの知ってますか皆さん。はァ〜あの頃に戻りてぇ。

今は今で楽しいですけどね

 

おわりに

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

個人的にはやはり《ヤミノストライク》が嬉しいですね。読み返すと他のカードより文字数が多くて笑ってしまいます。死神は最高だぜ!

 

とりあえず、副反応が出ないことを祈りつつ観てないドラマを消化する等しようと思います。

 

ではでは。

【デュエプレ】新弾のカードを見よう④処理落ち大丈夫?【連鎖】

はじめに

 

お久しぶりです、前原です。

 

私事ですが、頭が痛くて1日ダウンしておりました、「新カードを見ようシリーズ」が新弾実装前に完結するのか怪しくなってきました…

 

しかも、今日はお昼にワクチン3回目を打つんですよね。多分今日もダウンするじゃないですか、うーん((

 

午前中が勝負です、がんばルビィ。

 

封魔ベルアリタ

 

f:id:chikanzya:20220516110037j:image

 

新弾では「連鎖」能力を持つクリーチャーが複数登場するようです。

 

その中でも《ベルアリタ》はシールドトリガーによる奇襲性が魅力のクリーチャーですね。ブロッカーを持っている為、しっかり防御札としてカウントできるのも魅力的。

 

とはいえ、《アクア・サーファー》や《キューティー・ハート》を差し置いて考えなしに採用するのは考えもの。ここはやはり連鎖能力が活きる構築に採用したいところです。

一例としては「グランド・デビル」の種族デッキが挙げられるでしょうか。小型デビルを呼び出すことで進化GVをサポートすることが出来ます。《グレンベルク》をそのまま重ねることもできますね。

《マーキュリー》のコストが上がったの惜しいな…ってはじめて思いました。

 

アクア・ジェスタールーペ

 

f:id:chikanzya:20220516110042j:image

 

紙でも大暴れしたその時期は辞めてたんで復帰してから知ったんですけど大盛りクリーチャーが登場。なんでこいつは手札補充能力を持っているんですかね、納得のVR昇格です。

 

本家同様、低コストクリーチャーを中心としたビートダウンデッキに積極的に採用されることでしょう。汎用性が極めて高く、いくらでもデッキが組めそうです。

それ故に語ることがないので、ブログ的には困りますね()2→4で速やかに《ジェスタールーペ》を出せる青緑基盤が強いかなあ。

 

…と、ここまで書いて気付いてしまいます。

 

「リキッド・ピープル」あっ…

 

間違いなく「ツヴァイランサー」の強化パーツですね。頭数増やしつつツヴァイを探しにいけるリキピが弱い訳がありません

既存の「ツヴァイ」だと連鎖のノイズとなるカードが多いので(サーファーマーキュリーツヴァイビジョンなど…)より前寄せな構築にはなると思いますが、ジェスター入りツヴァイは間違いなく台頭してくるでしょうね。

運営「ツヴァイ」好きすぎない?

 

サイバー・G・ホーガン

 

f:id:chikanzya:20220516110048j:image

 

楽しいやつ。踏み倒し先は多岐に渡るので、《ジェスタールーペ》同様に様々な構築が組めそうです。パワカを積むもよし、シナジーを意識したカードを積むもよし。

《バベルギヌス》や《オロチム》と併用して、更なる大量展開をするのも楽しそうです。

 

f:id:chikanzya:20220519053015j:image

 

↑ちなみに公式が一例として紹介したのはパーフェクトギャラクシー+オルゼキア。めっちゃガチで怖いな!

 

気になるのはデュエプレにて追加された「味方の7コスト以下のクリーチャーにブロッカーを付与する能力」ですが、基本的にはメリットとして働くでしょう。

デュエプレは殴るカードが強く作られているので、相対的にブロッカーの価値も高くなっています。

ただ、やはりブロッカー除去の存在は気がかり。どうして《GENJI》が出る弾でこんな能力が…

 

電脳大河バタフライ・ブランデ

 

f:id:chikanzya:20220519054355j:image

 

デュエプレ公式Twitterの紹介順と多少ズレてしまいますが、連鎖組なので当記事で紹介。

 

このカードは、破壊された時にも連鎖が狙える連鎖クリーチャーという面白いデザインですね。地味ですが、堅実に相手とのアドバンテージ差を広げる有用なカードだと思います。使いたい。

…連鎖する際文明は問いませんが、せっかく水クリーチャーをパワーアップする効果も持っているので、個人的には青単気味に構築を組みたいです。水文明の初動が一緒に追加されると良いのですが。

 

というか、このカードも「リキッド・ピープル」ですね。リキピかつ「サイバー」とは、恵まれているなあ。

 

龍聖大河・L・デストラーデ

 

f:id:chikanzya:20220519054404j:image

 

《サイバー・G・ホーガン》と並ぶ高レアリティ連鎖クリーチャー。

自身含む味方クリーチャー全てに防御力と展開力を付与する、やり過ぎ感漂う能力を持っています。もしやと思い調べたところ、案の定魔改造されていました。

ざっくり言えば、紙ではシールド追加と連鎖、2つの能力は自身のシールド枚数によってどちらが使えるか変わる仕様だったのです。

 

まずは一つ目のシールドを増やす効果から見ていきましょう。

ターン1制限こそ付いていますが、殴ってくる相手に対し絶大な力を発揮するでしょう。

自ターンにシールドを増やすのはまだしも、相手ターンに飛び出したトリガークリーチャーにシールド追加(と盾枚数次第で連鎖)が付いてくるのは色々とヤバイ気がしますね。トリガークリーチャーは高コストであることも多いですし。

 

そして二つ目の連鎖能力。

こちらはなんとターン1制限がついていません。踏み倒したカードから更にクリーチャーを踏み倒せることも珍しくはないでしょう。この展開力は、現代DMのとある光クリーチャーを連想させますね…

連鎖能力の付与はホーリー・フィールドによるものなので、シールドを積極的に割れば展開を防げます…が、シールド追加にも長けた《デストラーデ》相手にどこまで通じるでしょうか…?

 

総括すると、多分やってるカードです。うん。

山札消費が凄まじいからLO狙うとワンチャンあるかもね、くらいしか現段階では言えませんね。なんだこいつは。

 

個人的には、ドラゴンであることを活かして連ドラに投入してみたいです。自身の連鎖は安定しなさそうですが、大型ドラゴンに連鎖を付与するのは楽しそうです。

《デストラーデ》が《ルピ子》や《呼び声》から繋がるのも良いですね。

 

超電磁トワイライトΣ

 

f:id:chikanzya:20220519054410j:image

 

ややこしい能力ですが、出来ることは主に

 

場に出したサイバー・クリーチャーのCip再利用(クゥリャンとか)

小型サイバー・クリーチャーと大型サイバー・クリーチャーの交換

 

の二つ。

ノーコストで入れ替え元になる《パラダイス・アロマ》の価値が少し上がりそうですが果たして。

 

一つ目の運用も十分強力だと思いますが、どうせなら大型サイバーの踏み倒しを狙いたいところ。

先の《サイバー・G・ホーガン》や《L・デストラーデ》などを踏み倒せば、更なる展開が期待できます。

《サイバー・G・ホーガン》、《オロチム》、《クラゲン》が合わさるとループが発生するのは有名な話ですが、盤面7体制限と制限時間の存在があるから許されたのかな…?

 

おわりに

 

連鎖軍団、危険な香りが漂いますがどうなんでしょうか。

 

個人的には《ジェスタールーペ》と《L・デストラーデ》がヤバイと思います。

特に《デストラーデ》は、強さ的にも処理落ち的にもヤバそう。絶対重くなると思う。

 

それでは、今回はこの辺りで。

また次の記事でお会いしましょう。

【デュエプレ】新弾のカードを見よう③ジェニーは俺よりダーツが上手い【辛い】

はじめに

 

前回

chikanzya.hatenablog.com

 

お久しぶりです、前原です。

 

ジェニー、ダーツが上手いですねえ。

私は狙いが定まらない以前に矢が的に刺さらないので羨ましい限りです。(マジで)

満喫の矢、先端が弱すぎない...?友達は普通に刺していたので九分九厘私の投げ方が悪い

 

...しょうもない話は終わりにして(ダーツ上達の秘訣を是非教えてください)、今回も新カードを見ていきましょう!

 

アブドーラ・フレイム・ドラゴン

 

f:id:chikanzya:20220516105930j:image

 

新能力マーシャル・タッチが登場しました。マーシャル・タッチ、この時期だったのか…

 

f:id:chikanzya:20220517194441j:image

 

マーシャル・タッチは味方クリーチャーを手札に戻すことで発動できる特殊能力。ルピ子が話している通り、使い終わったカードを再利用する目的で採用すると良いでしょう。

イメージはあれです、ハンデスボルバルの《エクストリーム・クロウラー》。あいつ、強ウザかったじゃないですか。《汽車》を使い回し、《ポインター》を使い回し、最後には《ボルバル》を……なんか思い出したら腹立ってきたぞ。

 

この《アブドーラ・フレイム・ドラゴン》はドラゴンなので、「バルガライゾウ」の強化パーツになるのかなと予想しています。《エコ・アイニー》や《アカギガルムス》をセルフバウンスしつつ、盤面除去する動きは普通に強そう。

《バルガライゾウ》で捲れると《バルガライゾウ》のアタックキャンセルが出来ることも覚えておきたいですね。(するかは別として…

 

王機聖者ミル・アーマ

 

f:id:chikanzya:20220516105937j:image

 

殿堂入り経験もある強力呪文サポーターが登場!

 

《ヘブンズ・ゲート》を使ったデッキや超次元デッキで活躍することでしょう。特に後者は《フランツ》と合わせて3→5の動きが盤石になりました。ヤバイ。

 

ミル・アーマ→5コスト超次元からアンタッチャブル撒き→マーキュリーと繋がるのですが、ミラーで役に立ったりしないかな…しないか…

 

それにしても、何でこのカードは殴れるんだろう?

 

リトルアイズ・グロース

 

f:id:chikanzya:20220516105943j:image

 

クリーチャー主体のデッキで使えば4→7の動きが狙える呪文。間違っても《フェルナンド》の強化パーツではありません((

 

同コストには《エコ・アイニー》、《ヴォイジャー》といった強力なクリーチャーがいるので、ドラゴンやエンジェル以外のファッティと組み合わせるのがスマートでしょうか。《サンマイダー》出したい。

 

個人的には、新弾にて登場する《サイバー・G・ホーガン》デッキの繋ぎに使ってみたいです。

 

ザ・ストロング・スパイラル

 

f:id:chikanzya:20220516105948j:image

 

条件次第でドローができる軽量バウンス呪文です。

《スパイラル・スライダー》と違い何でも戻せる為、テンポ重視のビートダウンデッキで採用を検討出来るかもしれません。

サイキック・クリーチャーを一発除去できるので、環境にはマッチしていそうです。《ドラヴィタ・ホール》で使い回すこともできますしね。

 

…が、淡白な性能すぎて特に語ることがないな。。。そもそも、トリガーもないバウンス呪文を入れるデッキがあるのでしょうか…?

 

「ツヴァイランサー」とかに仕込んでおくとドローも出来ていいのかなぁ。

 

ジェニー・ダーツ

 

f:id:chikanzya:20220516105953j:image

 

ハンデスに厳しいデュエプレ界に、まともなハンデス呪文がやってきたぞ!!

 

モードで初動または相手の切り札級カードをある程度狙って引き抜くことができます。DCGならではの見事なカードデザインに感動。下手なランダムハンデスより強いんじゃないでしょうか。

超次元クリーチャーの充実、《ミル・アーマ》の存在も考えるとハンデス主体の超次元コントロールの台頭はほぼ間違いなさそうです。

 

さて、このカードを見るにあたって最初に注目すべきは多少のマッドネス耐性でしょうか。

能力の関係上相手の初動を落とそうとしたら《提督》が出てきたみたいな事故がほぼ起きません。安心して相手を妨害できるのは精神的にも良いでしょう。

3コストなので《フェアリー・ライフ》や先攻《ミラクル》を咎めることはできませんが。

 

ハンデスを意識した立ち回りに若干強い点も魅力的です。

上手いプレイヤーは、ハンデスと対面した時にハンドキープを徹底したり、ドロー呪文を連打するなどしてキーカードが抜かれることを防いできます。しかしこのカードはコストを参照する為、相手の手札が何枚あっても高コストのフィニッシャーを墓地送りにできます。

…逆に言えば、中途半端なコストのカードを切り札にしているデッキには弱いのですが。「ドリームメイト」とかにはダメージを与えづらいかもしれませんね。

 

総じて、序盤から終盤まで活躍する強力な1枚と言えます。

 

懸念点はゴッド・カードの存在。

ゴッドは重量級フィニッシャーであるにも関わらずコスト0扱いなので、初動の身代わりになるわモード2では落とせないわ、このカードとの相性は最悪です。

ゴッドをどう攻略するかがこのカードを使う上で鍵となってくるのではないでしょうか。

 

おわりに

 

次回↓

まだないよ

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

【デュエプレ】VRルール用オガプーコントロール【再び】

はじめに

 

お久しぶりです、前原です。

今回は、私がVR以下ルールで楽しく回していたオガプーコントロール※を紹介します!

 

Q.5色コントロールはどうしたんですか?

A.ガルベリアス・ドラゴンが重すぎて使うことを諦めました

 

※オガプーコントロールとは

《オガプー》下で城を貼りまくって気持ちよくなるデッキ。

 

前回↓

 

chikanzya.hatenablog.com

 

構築

 

 

色合いが爽やかで良い

 

構築に至るまで

 

頑張って練り込んだ5cコンがいまいち勝てない...どうすれば...

有志が環境調査記事を上げてくれている、読んでみよう。(ありがとうございます)

beans-duelplays.com

《ローズ・キャッスル》の刺さりが良さそう。たくさん建てよう。

 

キミに決めた!!!

 

~VR環境用に過去に組んだ構築を少し弄って完成~

 

ドロマーになった理由とか

 

過去に組んだオガプーコントロールは青黒の2色でしたが、今回は白を加えた3色となっています。

理由はいくつかあるのですが、特にわかりやすいものを二つ紹介しましょう。

一つ目は《エル・カイオウ》と《セイント・キャッスル》のセットが欲しかったというもの。ガントラが多すぎるのが悪い。もう夏が近いですね。

二つ目は《チェレンコ》より《ベガ》の方が強いことに気付いてしまったというもの。《ランブル》が使えないのでそれはそう。もしかしたら《ランブル》が使えるルールでも《ベガ》の方が強いかもしれない。

 

個別紹介

 

ポチョムキン

 

 

1コストで《オガプー》の能力を起動することができます。デッキの柔軟性を高める重要なカード。

 

能力は飾り...ということは断じてなく、ブロッカーで防げずサイズも大きいクリーチャーを処理するという大切な役割があります。今回のルールだと《ガルベリアス・ドラゴン》とか。

 

先出しされた《ソルダリオス》を処理したりもできますが、セラフィム相手は後手に回った時点でキツイかな...

 

グネス・パルキューラ

 

 

デッキの《エル・カイオウ》と《タケチヨ》を打点に変換するために採用しました。

 

前のデッキの《アストラル・ラッシュ》と役割は同じです。

 

こっちは防御としても使える点がナイス、特に《ハックル・キリンソーヤ》、《デスマーチ》と相打ち出来るところがイカスぜ。

 

セイント・キャッスル

 

 

自軍にブロッカーを与え、ちょびっとパワーも上げてくれる城。

 

《オガプー》が《ジャック・アルカディアス》の火力から逃れられるようになるのが大きかったかなぁ。

 

エル・カイオウ

 

 

《ガントラ》に打ち勝ち、《セイント・キャッスル》があれば《アラゴナイト》、《キリンソーヤ》も許さない頼もしい機械。

 

元々《アマリン》だったのですが、サイバー進化と《アイアンズ》が抜けていったのでより高スタッツなこちらに変更しました。

 

T2・オガプー

 

 

オガプーコントロールの主役、《セイント・キャッスル》が入ったことで能力をより起動させやすくなりました。

 

以前も記述したかもしれませんが、このカードの能力は重複するので積極的に2体出しを狙っていくと気持ちよくなれます。

 

タケチヨ

 

 

3種類の城を状況に応じてサーチできる優秀なブロッカー。

 

仲が悪かった《チェレンコ》と《ランブル》が構築からいなくなって嬉しそう。

 

ローズ・キャッスル

 

 

最強の城、刺さらない対面がほぼありません。

 

デッキパワーが低いデッキにも関わらず戦えるのは絶対にこのカードのおかげです。

 

たくさん建てると幸せになれるので是非お試しください、参考例を最後の方に貼っておきますね。

 

ルレーヴァ

 

 

《ローズ・キャッスル》を複数建てる動きが強い環境なので、城サポートカードを入れてみました。

 

タケチヨ→こいつ→薔薇2枚とか出来るので使い勝手は良好です。

 

エストール

 

 

ドローとシールド追加を同時に行える優秀な繋ぎ役です。城はシールドがないと建てられないので、シールドを増やすカードは強いのだ!

 

元々はシールド追加は《ベガ》に一任し、カードパワーの高い《金剛修羅王》を採用していたのですが、《オガプー》が引けなかった時の手札管理が難しかったため同じ色でドローできるこちらに変更したという裏話があります。《ビューティシャン》がいかに便利かわかりました

 

結果的に《ベガ》を躊躇なくマナに埋められるようになってよかったかな...

 

ベガ

 

 

ハンデスとシールド追加を同時に行える優秀なry、ただただ強いです。

 

前原が使っている個体は《セフィア・パルテノン》をすぐ落とすことに定評がある。

 

アクア・サーファー

 

 

汎用シールドトリガー、城を核とする以上「割られた時の切り返し手段」は必要だと判断し採用。

 

《キューティー・ハート》でない理由は単純明快、やつはシールド追加との相性が悪いのだ!!

 

デーモン・ハンド

 

 

貴重な確定除去。

 

バウンスが回答にならないカード(スピードアタッカーとか)はブロッカーでいなした後このカードで処理することになります。

 

地味ですがドロマー型でも大切な1枚。

 

クイーン・アルカディアス

 

 

詰め要員が欲しいなと思いリストを眺めていたところ、《エル・カイオウ》《ベガ》《エストール》に乗る呪文ロックカードがあったので採用。

 

《ヘブンズ・ゲート》や《ホーリー・スパーク》をケアできます。

 

ガントラビートの《オリジナル・サイン》は防げないのが玉に瑕。

 

戦績

 

 

SRチケットを獲得!(戦績っていうのかこれは...)

 

ここまで来る道中、見どころあるスクショがいくつか撮れたので紹介しますね。

 

 

 

 

3枚目は継戦能力に定評のあるアルバトロスビート(芋コンって言った方がわかりやすいのだろうか)との対戦。蘇生先も瞬時に溶かすので何もさせません。

 

雑感

 

本当に《ローズ・キャッスル》が強かった。

 

勝ち試合の半分がLOになるくらいには強い。

 

ただ、上手い人は《ローズ・キャッスル》の複数貼りまで考慮した動きをしてくるので流石だなと思いました。

 

熟練者のウィニーを《ローズ・キャッスル》で溶かせるようプレイングを磨きたいと思います(?)

 

おわりに

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう、ではでは。

 

余談

 

ブロガーのミケガモさんが青黒のオガプコントロールを使ってくださいました!

 

youtu.be

 

是非観てください!

【デュエプレ】新弾のカードを見よう②ジョンの調整が見事すぎて漏らした【ゼンノー】

はじめに

 

前回↓

chikanzya.hatenablog.com

 

アローラ!前原です。

 

…失礼、別界隈の挨拶が出てしまいました。

いえね、今アニポケがめちゃくちゃ熱いんですよ…もうサトシが誰と戦うかが気になりすぎて。アニポケを観ている方はトーナメント表の予想を教えてください!

 

さて、ポケモンの話はこの辺で終わりにして、そろそろ本題に入りましょう。

デュエプレ新弾カード、見ていくぞ〜。

 

超次元パワード・ホール/時空の探検家ジョン

 

f:id:chikanzya:20220515011736j:image

 

《ジョン》があまりにも分かり易すぎる進化メタ能力を引っ提げて登場。

このカードの登場で、《B・ロマノフ》や《DEATHドラゲリオン》のナーフがほぼ無くなったことが嬉しくて仕方ありません。最近のナーフが当たり前な感じがいまいち受け入れられなかったので…(

サイキック・クリーチャー故に様々なデッキに出張できるため、今後よくみかける1枚となるでしょう。

 

さて、まずは《ジョン》から見ていきましょうか。

《ジョン》で足止めできる主な進化クリーチャーは、黒緑速攻の《デスマーチ》や《キリン》、赤白速攻の《カゲキリ》、青単サイバー・コントロールの《アストラル・リーフ》などなど。ALLであれば《ダイヤモンド・ブリザード》も止まりますね。

いや、この時点で多いな!?《ジョン》が着地するのは最速3ターン目なので間に合うかはさておき

 

続いて《ジョンジョ・ジョン》。

覚醒後の姿ということで一見場に出すハードルが高そうですが、小型サイキック・クリーチャーのばら撒きを駆使すればすぐにこの姿になれるので心配無用、なんなら《ボルシャック・ホール》をはじめとする5コストサイクルを使えばこの面で出せます

...《ジョン》の時点で既にやばかったですが、こちらは更にやばいですよ奥さん。

黒緑B・ロマノフの核である《B・ロマノフ》《DEATH・ドラゲリオン》の二大巨頭がまず死亡、ナイトデッキの《シーザー》が死亡、ジャイアントの《ドルゲユキムラ》も死にましたね。

そして、《ツヴァイ》。ざまあみろ!「俺は逃げ切ったぜ」みたいな顔をしていましたが、お前が許されるわけがないだろ!!

本当に嬉しいです、ありがとう運営さん。《ペガサス》や《バジュラ》みたいなヒロイックなカードも巻き添えを食らって死んだのはちょっと辛いですが、尊い犠牲だ...

 

とはいえ、《ジョン》、《ジョンジョ・ジョン》共に一時しのぎの能力であることは忘れてはいけませんね。返しのターンでしっかりと除去・あるいは殴り切れる構築作りを心がけたいものです。

《ジョンジョ・ジョン》自身が疑似W・ブレイカーなので、先に勝ち切る構築を作る方がスマートかなぁ。

 

最後に、このセットの主役《超次元パワード・ホール》。特典のジョンが強すぎてホールがかすむな

《ジョン》を最速で出せるホールというだけで強いことは間違いないのですが、呪文の効果だけ見ると、正直微妙ですね。こういう場に依存する能力は活躍させづらいです。

《エル・カイオウ》のパワーを上げて《デスマーチ》や《キリン》を殴り返しつつ《ジョン》を立てる...みたいな動きは強いですかね。

あとは、超次元ビートダウンミラーが多発する環境になった場合は2000の差が響いてくるのかな、と思ったり思わなかったり。

 

超次元エクストラ・ホール/時空の踊り子マティーニ

 

f:id:chikanzya:20220515011751j:image

 

まずは《マティーニ》から、この娘は小型サイキック・ブロッカーという地味ながら革新的なカードです。

このカードの登場により、様々な構築がブロッカーをメインデッキ外に用意できるようになりました。(覚醒を狙うならメインデッキにもブロッカーが欲しいですが)これからのデュエプレは今まで以上に打点の管理が大切になりそうです。

個人的には種族を活かして《マーシャル・クイーン》と組み合わせたかったり。後述する《サプライズ・ホール》も《マーシャル》と相性が良いですしね。まあ《マーシャル》持ってないんですけど。

 

裏面の《ユリア・マティーナ》はより防御に特化した性能、ブロックとシールド追加で2体のクリーチャーを足止めできます。

正直単体で見るとそこまで強くはありませんが、特筆すべきは覚醒条件の緩さ。《ジャック・アルカディアス》や《ピカリエ》を召喚するだけで覚醒するのは頼もしいの一言。

地味に《マティーニ》と違い攻撃出来るので、殴り忘れのないようにしたいですね。

 

《エクストラ・ホール》は墓地メタ・山札回復を使い分けられる玄人好み(?)の超次元呪文。

紙と違い強制効果になっている上、狙ったカードを山札に戻せなくなっているのが気になりますが、《パワード・ホール》よりは強いんじゃないかな…

こういう、腐る場面も多い能力を「サイキック・クリーチャーを出す」の一文字だけで使いやすくしているのが超次元!って感じしますね。後述する《シンカイ》が出せるというだけですごく便利に感じます。

 

超次元サプライズ・ホール/時空の英雄アンタッチャブル

 

f:id:chikanzya:20220515011802j:image

 

《アンタッチャブル》は、あらゆるホールからばら撒かれ、大半の除去を無力化するサイキック・クリーチャー。

《キル》、《ジョン》、そして《アンタッチャブル》。ようやく役者が揃った感じがしますね。

そのままでも十分強力なカードですが、《パワード》に覚醒するに越したことはないので《ジョン》と合わせて採用すると良いでしょう。

紙と覚醒タイミングが微妙に異なりますが、これはジョン覚醒→続いてアンタッチャブル覚醒の流れを確実に行う為の措置だと思われます。デュエプレの能力処理はフィールド左端から自動で行われるので、能力発動タイミングが同じだと《アンタッチャブル》が《ジョン》より左にいる時、コンボが成り立たなくなるんですよね。

 

《パワード》になると、パワーが大幅に上がりアンブロッカブルを獲得します。はい強い強い。

どうせなら、《ハタフリ・ハフリーズ》あたりと組み合わせて警戒能力もつけたいですね。

さてこのカード、横のサイキック・クリーチャーと合わせてボカボカ殴るのがシンプルに強い使い方だと思いますが、種族に着目し「選ばれない進化元」にするのも一考。

《キリコ》が乗るのが怖いですよね。

覚醒させる手間はありますが、《フェアリー・ホール》や《エナジー・ホール》を積み込んだキリコデッキが台頭する可能性は十分にありそうです。

 

《サプライズ・ホール》は初のS・トリガー付きの超次元呪文。

一見すごく便利そうですが、トリガー以外の能力を持たないため受け札としては微妙なスペック。《ハンター・クラスター》程度の防御力しかないことは留意するべきかと思います。

3ターン目のアクションとして使えること、後述する《シンカイヤヌス》が立てられることを活かしたデッキを構築したいものです。

《ヤヌス》を採用したトリガービートなんて面白いんじゃないでしょうか。

 

次元院のヤヌス・クロウラー/時空の戦猫シンカイヤヌス

 

f:id:chikanzya:20220515011813j:image

 

うおおありがてえ...!大好きさルルルル!

実は、私前原はかつて《ブルーホワイト・ホール》→《希望と勝利の伝説》の流れでシールド焼却に勤しんでいたオタクなんです。覚醒編でリタイアし、クロニクルデッキで復帰する。おっさんあるあるだと思うんですがどうですか!

絶対このカードは使います。擦りに擦りまくります。

最も、《希望と勝利の伝説》はデュエプレに存在しないので、王道のヤヌスビート※を模索することになるでしょうが...

※《ヤヌス》のループ覚醒を活かしたビートダウン。上手く使えば、手札を維持しつつスピードアタッカーを矢継ぎ早に繰り出せる。

 

まずは《シンカイヤヌス》から見ていきましょう。

《シンカイ》は攻撃の起点となる形態。火のクリーチャーを出すと覚醒し、味方1体にスピードアタッカーを付与します。(SA付与は厳密には《ヤヌスグレンオー》の能力ですが、敢えてこの書き方をさせて頂きます)

ちなみにこの際、《シンカイ》の召喚酔いも解けます。《シンカイ》と小型クリーチャーを同時に出して2打点作る動きは重要なテクニック。

雑に強い能力なので何を出しても良いのですが、どうせなら強力なアタックトリガー持ちもしくは高打点の火のクリーチャーと組み合わせたいところ。個人的には《電磁血風スチムパンプ》、《奇襲隊長ダブルレイザー》、《時空の魔神オーフレイム》等に注目しています。

少し重いカードに目を向けると、《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》もいいですね。SA付与によってバトルに持ち込みやすくなります。

 

続いて《ヤヌスグレンオー》、《シンカイ》が攻めの起点ならこちらは溜めの起点です。コントロール対面などではこちらからスタートし、手札に余裕を持たせるとよいでしょう。

SA付与と比べるとインパクトに欠けますが、《クゥリャン》を出したら2ドローだと思うと十分十分。不発の可能性もありますが、同弾に収録される《アクア・ジェスタールーペ》なら2度のループ覚醒を行うこともできるかも...?

 

最後に、《次元院のヤヌス・クロウラー》。

これは...どうなんだろう...実質破壊耐性持ちのアンブロッカブルなのでスペックは良好だと思うのですが、超次元呪文でよくない?となりそうな気も...

《グレンオー》下で出すカードとしては魅力的、《ヤヌス》を呼び出すカードとしては不安定と考えると3コストホールを積み込んだ上で数枚挿す感じになるのかなあ。

 

超次元ドラヴィタ・ホール/時空の精圧ドラヴィタ

 

f:id:chikanzya:20220515011820j:image

 

 

《ドラヴィタ・ホール》、そのまま出していいんだ...となりました。《母なる》シリーズが無いから大丈夫と判断されたのでしょうか。

 

まずは《時空の制圧ドラヴィタ》について、こいつは呪文を駆使するデッキ相手に突き刺さる中型システム・クリーチャーです。

特に超次元呪文に対する圧は凄まじいの一言、出てきたサイキック・クリーチャーを瞬時にタップできるため展開を許しません。(今弾では出ないと思いますが、SA持ちのサイキック・クリーチャーメタにもなります)超次元デッキでぶつかった際は《ドラヴィタ》を出した側が有利になることでしょう。

《無限拳》を内蔵しているため《ホーリー・スパーク》をはじめとするタップカードとの相性も抜群ですね。

 

《龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ》は呪文ロックとアンタップキラーを兼ね備えたわかりやすいフィニッシャー。パワーはあまり高くないので注意。

特筆すべきは、覚醒条件が紙と比べて非常に緩くなっている点。

...いや、緩くなりすぎでは!?

ルピコセンチセンチシャイニーでタップキルしつつ覚醒じゃん。《ボルシャリオ》を使えばサーチまでできるじゃん。いいのかな...

ていうか光のドラゴンからも進化できると、火文明はどっから来たんだってなるな...

「XX」や「アポロヌス」などのサブエースになりそうです。

 

そして問題の《ドラヴィタ・ホール》。このカードは、デュエプレでも変わらず暴れると思います。

雑にマナ加速呪文やドロー呪文を回収しながら《チャクラ》、《ドラヴィタ》を投げられるだけで強いわ!

少し捻った使い方をするなら、《リフレクティング・レイ》や《ロジック・キューブ》と組み合わせると面白いかも。光サイキックを出し続けることができます。

 

おわりに

 

次回↓

【まだないよ】

 

変に長くならないように要点を絞って執筆したのですが、意外と長くなってしまいましたね...

なんでだろうと思ったのですが、実質15枚紹介しているんだからそりゃ文字数増えるわな...超次元呪文許すまじ...

ここまでお付き合いしてくださった方、ありがとうございました。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。

 

 

【デュエプレ】新弾のカードを見よう①XX3打点になりたすぎ問題【ガルザークの友達】

はじめに

 

お久しぶりです、前原です。

心境の変化が...というわけではないですが、最近改名しました。

これからは前原と名乗っていきますが、呼びなれた名前で呼んで頂けると幸いです。

 

そんなことはどうでもええねん。

 

さて、遂に新弾情報が出ましたね!

インフレがやばいですが、頑張って着いていきたいと思います。

 

それでは、早速見ていきましょう。

 

XX・チャージャー

 

 

3コストのチャージャー呪文です。

 

「XXデッキ」の初動としては、まあ及第点かな...という印象。

単色のチャージャーというのが扱いやすそうでグッド。《クルセイド・チャージャー》は窮屈でもう...

探索したカードを手札に加えて欲しかったという気持ちはありますが、《GENJI》のスペックを考えると仕方ないのかもしれません。ビートダウン組むならまずはXXチャージャーとGENJIを4積みしろ!みたいな環境、嫌でしょ。

登場が確定している《ストーム・カイザーXX》の覚醒をサポート出来るというメリットもありますしね。

 

ただ、個人的にはデザイナーズカードになり切れていない感がどうしても気になってしまいます。

具体的には、後述する《レッピ》《GENJI》《天地爆裂》が全て墓地を参照する効果を持っているのに墓地を肥やせないこと、「XX」は超次元呪文を活用するテーマっぽいのに「XX」とあるクリーチャーしか探索できないこと(今のデュエプレなら「どちらを探索しますか?」と分けられるでしょう※)がどうにも…((

実装される「XX」の数によっては「探索が濁る」というお馴染みの問題も浮上しますね。

 

このカードが使われるかは…カードリスト一覧が公開されないとわかりませんネ。XXの大部分はドラゴンなので、《コッコ・ルピア》でいいじゃんとなるかもしれませんし。

 

※例:アマテラス

 

レッピ・アイニー

 

 

クセのない墓地肥やしだ!《カースペイン》と組んで墓地ソースを組むぞ!!

 

というのはさすがに冗談で(NEX派閥のルピアだったら《ボルシャック・クロス・NEX》と組めたのだが…)、《XX・チャージャー》と並ぶXXデッキの初動ですね。

こちらは超次元も選べる上手札が減りませんが、自身がXXでないこととマナを伸ばせない点がネック…この「お互い微妙に足りていない感じ」は死神の初動を思わせますね((

ALLであればコイツ→ギフト+6コストXXと無駄なく繋げられるのが若干気になります。

 

他に入りそうなデッキタイプとしては超次元コントロール・超次元ビートダウンが挙げられるでしょうか。

特に、《リバイヴ・ホール》との相性には目を見張るものがありますね。繋がりませんが。

 

超次元キル・ホール

 

 

遂に登場したキルタッチャブルのキルの方、青単サイバーなんかは処理に困りそうですが果たして。ちなみにバウンス耐性があるのは「相手のターン中」だけなので、S・トリガー《アクア・サーファー》のケアは出来ないぞ。

 

さて、このカードの登場でようやく5コスト超次元呪文サイクルの小型ばら撒き効果を活かせるようになりました、戦術の幅が広がるぜ…!

これを機に超次元呪文の採用率がグンと伸びるのではないでしょうか。

《フェアリー・ホール》なら《セツダン》面を出せるぞ!

 

《キル・ホール》は《エル・カイオウ》や《ブラッディ・シャドウ》に届かないのが惜しいかな…

弱いとは思いませんが、《コメット・チャージャー》を優先してしまいそうです。

 

追記:なんと、《シンカイヤヌス》の登場が確定。《キル》は《シンカイヤヌス》を覚醒させられる最軽量サイキック・クリーチャーなので非常に相性が良いです。

 

爆竜GENJI・XX

 

 

まさかの上方修正、XXデッキで使えば規格外の攻撃性能を発揮します。

スピードアタッカー+T・ブレイカーの突破力は《サファイア》や《B・ロマノフ》等を使ったことがあれば分かるでしょう、地味ながら非常に大きな強化です。

12000というパワーも《ヘヴィ・メタル》と相討ちが取れて頼もしい限り。

 

XXデッキ以外では《ガルベリアス・ドラゴン》の親戚みたいなスペックになりますが、その《ガルベリアス》が強いのだから何の問題もありません。さすがに《大和・ドラゴン》がかわいそう

ガントラや連ドラといった赤入りのビートダウンデッキで暴れ回るのではないでしょうか。

このカードの影響で環境から《ミルザム》をはじめとしたブロッカーが減るのかどうか見ものですね。(《パーフェクト・ギャラクシー》の株が上がったりするんでしょうか?)

 

かなり、やっているカードだと思います。

 

爆竜ストームXX<天地爆裂>

 

 

えっ…《ガルザーク》…???

 

私の大好…大嫌いな魔改造ガルザークを彷彿とさせるドラゴンが突然登場。

デッキを鳥と超次元呪文で固めればお手軽6コストSA3打点として大活躍してくれるでしょう、《レッピ》→《ルピ子》→こいつと綺麗に繋がりますね。

自身を含むドラゴンを入れすぎるとスペックを活かしきれないというもどかしさはありますが、Rのスペックではないでしょう。インフレを感じるな…

 

当分先の話にはなりますが、《シューティングホール》と《ガイアール・カイザー》が実装されたら化けそうですね。

 

おわりに

 

次回↓

 

chikanzya.hatenablog.com

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

カード紹介記事は以前にも挑戦して、途中でやめてしまったんですが、今回は続けられたらなと思います。(この時期のカードに疎いので自分のためにも)

 

それでは!

【ラブライブ】ラブライブ三昧3 リアクション記事

かのれんの自己紹介真面目になってて草 ハンバーグと秋茜は死んだ

 

昔はよく泣いてた伊達ちゃんかわいい(そんなに昔じゃないんだよな…)

 

始まりは君の空

 

「だ」いじでエッジかけるの好き

 

かのんソロ良い 素晴らしい声

 

(・8・)!

 

ヨキニハカラエ

 

ことりちゃん久しぶり

 

ミナリンスキー草

 

初手あいださん草

 

ピポ

 

謙遜する南ことり

 

あいださん東京ドーム公演観てるんだよね…それはプレッシャー感じるよ…

 

さゆりん消滅してて草

 

伊達ちゃん(さゆ…)

 

嘘つけ誰もりきゃこなんて呼んでないゾ

 

田中ァ

 

ギター弾き語り感動しました

 

あいださんのピアノの影響があったんだ…繋がってる…

 

ステージに上がったうっちー本当に南ことりそのままだった

 

μ'sで聴きたい曲…だってだって噫無情ですかね…(

 

僕らのLIVE 君とのLIFE

 

懐かしい

 

僕らは今の中で

 

僕らは今の中での衣装、キャスト初だったの?知らなかった…

 

また沼津来てくださいねあいださん

 

りきゃこさん本当に違和感しかなくて草

 

ユメ語るよりユメ歌おう名曲ネ……

 

ユメ語るよりユメ歌おう

 

まじで良い歌だな…

 

未来の僕らは知ってるよ

 

サンシャイン2期の歌は鬼気迫るものが多くてすき

 

りなりーやりたいって直談判したのか凄い

 

Liella!も増えるんだよな……

 

侑ちゃんが弾くネオスカ本当に良かった

 

虹色Passions!

 

果林さんの声いつ聴いてもクソイケボで笑っちゃう

 

NEO SKY,NEO MAP!

 

果林さんイケボすぎる

 

ラブライブのEDは強い(n回目

 

伊達ちゃんのナレーション聞きやすい

 

Liella!の意味を即答できるペイ子好き

 

確かにLiella!って発音すると口角上がるね

 

1位南ことりっていつだっけ

 

ワンダフルラッシュか

 

総選挙またやることあるのかな

 

宮城県から来たから仕方ない…(

 

START!! True dreams

 

無音ダンス思い出しちゃう

 

ああ良い声

 

未来は風のように

 

神曲…

 

スーパースターにハマった理由、この曲が良かったってのもあるかもしれないな…あるな…

 

サビのクーカーの変なダンスすき

 

尊い

 

もう一時間か

 

皆の衆頑張っては草

 

Liella!のあのハードスケジュールはなんだったんだ

 

アイドルの皮を被ったスポ根熱血ww

 

メッセージ性の強い曲が多いのは本当そう…

 

サニーデイソング!?

 

出し惜しみしないうっちー

 

伊達ちゃんが踊るサニソンみたい

 

ファンデパ選曲は流石すぎる

 

あいださん8時間居てくれ面白いからwwww

 

「みんなでサニソンを歌いたい」頂きました

 

SUNNY DAY SONG

 

当時の盛り上がりながらもどこか寂しい複雑な気持ちが蘇ってくる

 

穂乃果ソロの説得力やばい

 

Fantastic Departure!

 

曲調と各メンバーの歌声が好きすぎる 衣装もバカかっこいいよね

 

フルじゃん嬉しい

 

あ〜マイコゥ上手い

 

曜ソロいい

 

「ありえないはないよ」が好きすぎる 

 

最高だったあいださんありがとう

 

TOKIMEKI Runners

 

この曲を聴くと虹だ〜ってなるね

 

キャッチーですごく耳に残る凄い歌詞だと思うこれ

 

りーきた🔥🔥🔥すき🔥🔥🔥

 

ファイトだよ!

 

イエローダヨオオオオオオ

 

かきくけこ〜

 

パイちゃん久しぶり

 

えいえいおー草

 

あぐぽん

 

ラフェスの時はLiella!いなかったんだよな…

 

りーちゃん会場にいたんだね

 

パイちゃんめっちゃ追ってました(オタク)また時間が取れたらライブ行きたいね

 

りーちゃんもぎゅからか…わしよりも早い…

 

もぎゅっと"love"で接近中!

 

懐かしすぎる

 

あ〜エリチ歌うま

 

MVここから作画がアニメ寄りになったんだよね

 

 

ミトメラレナイワァ

 

ダイヤさんは最初からポンコツ出てただろ!!

 

Aqours以降の神モブの名前知らなかった

 

ママライブの謎の豪華さなんなんだろうねw

 

穂乃果は生きていくのすら難しいwwww

 

「まきちゃんすごーい」草

 

唐突に仲良くなるりんまきすき

 

かのんちゃんのキャラは新鮮だったな 教祖にならないでくれ…頼む…

 

こちとらサンシャインでダメージ受けてるんじゃ(

 

スノハレ来た!

 

Snow halation

 

やっぱり貫禄あるなぁこの曲

 

アニメverのメンバーの表情が好き!

 

わかる……

 

「学校が大好きで」の入り最高だよね…

 

まきちゃんのものまね草

 

Love wing bell

 

新しいわたしは神回

 

懐かしい〜

 

なってしまった!

 

あんまり聴いてなかったけど好きなタイプの曲だ

 

ちゃんと聴こう

 

二年生、沖縄旅行行ってたねww

 

海未ちゃんの顔芸が披露された回

 

ほんのちょっぴり流すの?りーちゃんナイス選曲…!

 

いきなり歌うぜ!

 

ああいい声

 

スバラシイコエノヒトタチでしたw

 

出たな輝夜

 

これも強い曲だったなあ…

 

りーちゃんファンミも行ってたの草

 

最前wwww

 

μ'sが強すぎてあぐぽんあんまり出番なかったな…笑 次の機会を楽しみにしてます

 

「μ'sは本当にうるさい」知ってる(

 

輝夜の城で踊りたい

 

ああ〜〜懐かしいッ!!!!

 

声出したいねこれは

 

デッショー???

 

あーここのまきソロいいうますぎ

 

にこのソロこんなこぶし効いてたっけww

 

無情に繋げ!!!(無茶振り

 

ミはμ'sicのミ

 

いやこれも好きだよ

 

腕が動いてしまうねこの歌を聴いてると

 

なこ🔥🔥🔥なぎ🔥🔥🔥

 

ペイ子おかえり

 

3年生コンビだ

 

1番輝いている時→ライブ(おすわ)はじめて「君のこころは輝いてるかい?」を踊った時(ふり)更新してる(あり

 

未熟DREAMER

 

名曲来た

 

888888888

 

未熟は演出も豪華で良いよね

 

二年生座談会とな

 

いきなり噛み合ってなくて草

 

たしかにバス停が映るシーンは多かった気がするw

 

そうですよ友情ヨーソローですよ1番好き

 

東京ドーム公演は凄かった…

 

「朱夏ちゃん」

 

1回も呼ばれたことない草

 

杏ちゃん次はオタクムーブしに来てね(

 

想いよひとつになれ

 

また神曲

 

サンシャインの曲本当良いの多いね…

 

アーここから好き好き

 

梨子が入ってきた時の会場のどよめき凄すぎた

 

カウントダウンのお話

 

ちゃんとメイク直ししました草 

 

先輩みんなメイクの心配するw

 

会場に会いに行きたいが………お金と時間が…

 

ド ー ム ラ イ ブ あ る あ る

 

字面が強すぎる

 

手がもげるくらいw

 

会場から出てたのか…

 

「ヨハネは車で帰ってきた」草

 

あ〜良い曲

 

Thank you,FRIENDS‼︎

 

すごく良い曲だけど朱夏ちゃんの筋肉が浮かんできて笑ってしまう

 

杏ちゃんこの衣装エグイくらい似合ってた思い出

 

伝説の「海風に」だ……

 

初音ミクコラボ曲ここが初公開だったのか(先に動画観ちゃった)

 

ペイ子のコメントが欲しいところ

 

おすわ、ふりりんおつかれ様

 

DREAMY COLOR

 

ああここから強い

 

3年生

 

ああ最高

 

ダイヤさんの超高音めっちゃ綺麗なんだ

 

この曲はここを聴きたくて流すと言っても過言ではない

 

青空Jumping Heart

 

昔は好きだった(聴き飽きた)(嫌いなわけじゃないよ)

 

これはもう安定してる

 

BANZAI! digital trippers

 

さゆなぎ🔥🔥🔥

 

てかペイ子のコメントないのね

 

虹メインかな

 

地声と演技声違いすぎて毎回びっくりする>久保田さん

 

VIVID WORLD

 

サイコーハート

 

愛の曲で1番好き

 

ちゅるん哀温流して…

 

ラベラパトリア

 

ごめんちゅるん…覚えてない……今しっかり聴きます

 

しお子はやっぱり決意の光か

 

La Bella Patria

 

歌上手…

 

決意の光

 

キャッみたいなこと草

 

伊達ちゃん「かすみん」

 

Dream with you

 

Poppin'Up!

 

かすみ節効いてて良いゾ〜これ

 

Solitude Rain

 

来た!好き!!

 

台詞ちょっと恥ずかしいけど笑笑

 

Butterfly

 

これも好き

 

伊達ちゃんButterfly好きなのか

 

りなミア、アニメでも観られるのだろうか

 

DIVE!

 

ツナガルコネクト

 

話込みで強すぎた曲

 

こんなのりなりー好きになるよな

 

ミアちゃんの苦悩はすごく理解できる

 

L!L!L!

 

虹大阪ライブ、退職した先輩が参加してたんだよな…元気にしてるんだろうか…

 

夢がここから始まるよ

 

グソクムシのうた

 

突然のグソクムシwwwwなんでwwww

 

 Liella!5人おかえり〜

 

μ'sは本当に二人三脚って感じだったなあ

 

なこちゃんはやっぱりダンスの話か

 

ファン目線笑笑

 

おおおこれは気になる!

 

リエラの皆は何の歌が好きなんだ

 

りーちゃんMスタ!分かるぞ!!

 

ちびまきちゃん

 

なこちゃんワンダラ

 

オーディションでワンダラやるのはバケモンだなこすき

 

この2曲はまきちゃん無双なんだよなぁ!

 

Music S.T.A.R.T!!

 

懐かしすぎてワロタ

 

昔はサビ踊れました(もう無理)

 

あ〜真姫ソロパート最強

 

やっぱりMスタはフルで聴いてこそやんね

 

888888888

 

Wonderful Rush

 

キスマイ宮田くんを思い出すのは私だけ?笑笑

 

来るぞ…

 

あ〜

 

CD音源もライブの厳ついワンダフォーも大好き

 

にこwwww存在感がありすぎるww

 

裏のFoo綺麗すぎんよー

 

ペイ子それ僕 そうか紅白か

 

なぎちゃんキューティーパンサーwwwwいや分かるがwwww

 

なぎちゃんにこ推しなの???意外かも

 

伊達ちゃんスタダ 間違いない奴 ナイス選曲

 

それは僕たちの奇跡

 

あーエグイなつい

 

ほのクロール

 

Cutie Panther

 

やっぱりBiBiって強いわ(確信)

 

あーいい声

 

この曲のまきちゃん良すぎる

 

あーーーーーーーー良い

 

絵里の低音さぁ…セクシーでたまんねえな…

 

START:DASH!!

 

ただ聴き入ることしか出来ない

 

ペイ子また謝っちゃった笑笑

 

グソクムシw

 

箱推しりー

 

カヨチンがいなきゃμ'sはなかったんだよな…

 

やばい眠い

 

休憩

 

再開

 

かのんちゃんは今までの主人公と違うって、ファンの間でも言われてたね

 

よっちゃそ…分かるゾ…

 

クーカー最強!

 

またフォーチュンおせんべい氏来た

 

一般のファンじゃないのかな 普通こんなに贔屓されないもんな…

 

神曲連続!!!!

 

Tiny Stars

 

何度聴いても素晴らしいわ

 

ノンフィクション!

 

強ェ

 

クーカーはグループ名です!

 

全体的に頑張っているクゥw

 

ノンフィクションはちぃがエッチすぎるんだよ

 

ユニゾン今聴くと辛い…

 

バンドライブ、結局応募しなかったけど後悔してる

 

未来予報ハレルヤ!

 

MCクゥすみ

 

あいきゃんだ!!!

 

Saint Snowを紹介するのはやっぱり(?)ダイヤさん

 

それ 田野アサミさんのパフォーマンスのレベルの高さ意味わかんない

 

Awaken the power

 

姉様誕生日おめでとう!

 

2人ver良かったね…

 

虹メン、お互いのファンって言える関係良いね

 

夜明珠(イェミンジュ)

 

Toy Doll

 

Toy Dollかっこいいね…

 

りーの中国語講座「歌詞激しいです」

 

りっぴーがサニパにコメント??

 

パァ!

 

HOT PASSION

 

りーのサニパッションって言い方好き

 

おお A-RISEさんに言及するのか

 

ツバサさんのコメントあるのか

 

そういえばA-RISE、嫌味ったらしさ一切無かったよな

 

たしかにたしかに

 

にこw

 

 ツバサさんマジで何年振りだ 嬉しいね

 

Shocking Party

 

なっついいいいい

 

μ'sに負けても王者感が薄れないA-RISEの貫禄よ

 

A-RISEを待ってるファンも多いんだろうな

 

ペイ子噛みすぎw

 

会場を忘れるありしゃw

 

合同ライブまたしてくれ頼むぞ

 

 LIVE with a smile!

 

前半の締めに相応しい

 

お疲れ様です

 

後半じゃ

 

りーなこ🔥🔥🔥

 

あいきゃんまだいて嬉しい

 

みもくす!!

 

希パワーを頂けなかったりー草

 

頂きました!

 

ミルキィかな?w

 

みもりんの多忙さよ

 

ほーみん来た

 

前半部分が長すぎない?🧐笑

 

A song for You!You?You!!

 

あーエリチ歌うめえ

 

なんどだって約束!

 

今日は山頂アタックw

 

ことりちゃんの真似あんまり上手くないw

 

キラセン、曲調はおとなしいけど演者的にはハードなのか

 

「あの時「μ'sファイナル)ちょっと皆おかしくなってたよね」草

 

ウォタブとキセキヒカル、納得の人気

 

ウォタブは神曲だけど2期7話は認められないわ😡

 

あいきゃんキセキヒカル好きなのか

 

ユメノトビラ

 

WATER BLUE NEW WORLD

 

もう、何も言うまい 君が優勝だよ

 

KiRa-Kira Sensation!

 

キセキヒカル

 

キセキヒカルの静かに熱い感じ好きだ〜

 

最新アニメのED来るのか

 

「エモい」のごり押しw

 

夢が僕らの太陽さ

 

フル初見

 

今んとこ誰だいい声だな

 

Wish Song

 

聴き入っちゃうね

 

ただただ良くて書くことが無い

 

遂に僕光か

 

僕光大合唱は伝説ですね…

 

勇気はどこに君の胸にはやばい

 

「堕天使」に反応してくれるあいきゃん

 

僕たちはひとつの光

 

ことりの翼が〜の歌詞が秀逸だよな

 

絵のようなんだはまあうんw

 

今が最高!

 

友達と推しのパートを歌いあった過去を思い出してちょっとしんみりしてしまった

 

会う機会は多分無いけど元気にやってて欲しいね

 

勇気はどこに?君の胸に!

 

泣きそう

 

おっさんになるとこんなに真っ直ぐにエールを送って貰えないから沁みるのよ

 

来るぞ

 

「やり残したことなどない そう言いたいね」

 

最後の盛り上がりが半端ねェからちくしょう!

 

最高ですもう

 

ほーみんw

 

中国コンビのガチオタ感大好き

 

モンスターガールズ!

 

ランダム再生で流れてきて以来お気に入りの曲

 

ランジュとクゥクゥの放送出張版じゃんw

 

何言ってるのか全く分からんww

 

常夏サンシャインやったぜ。

 

間奏のなこまじやばい🔥🔥🔥

 

ブレードが力強いんですよ草

 

MONSTER GIRLS

 

ここのランジュ好き

 

ランジュの声がかわいい系ってことをこの曲で知ったよね

 

体動いちゃうなこれ

 

ファルセット綺麗すぎて笑うんだけど

 

これミアちゃんだよね

 

やーたまんねえな

 

常夏☆サンシャイン

 

ここのくうすみの振り付け尊いよね

 

パーリターイム素晴らしい声すぎる

 

声ありのライブで聴きたいね本当に

 

なこすき🔥🔥🔥

 

やー高まったわ

 

あいきゃんの時レゾナンスかけるの分かってる

 

すごいよく眠れそう草

 

Colorful Dreams!Colorful Smiles!

 

サビの音圧が気持ちいい

 

伊達ちゃんおかえり

 

皆おかえりだった

 

スーパースター2期、面白くなるって信じるよ…はじめて信じたんだから…

 

伊達パイセン

 

これは作業しながら聴けないよ(

 

Starlight Prologue

 

締めに「プロローグ」を持ってくるのはやり手ですね

 

あ〜ここから好き

 

お疲れ様でした!

 

 

【デュエプレ】VR以下ルールで5cコンを組みたいので色基盤をメモしました

はじめに

 

そういうことです!

 

今回は完全に自分用のメモなので淡々と書いていきますが、同志(?)の役に立てば嬉しいです。

 

青白

 

f:id:chikanzya:20220509174832j:image

 

5cの核となる《機械提督デリンダー》をランクマッチ同様に使用可能。後述する《至高無常神》と組み合わせるだけで5文明を揃えることが出来る良い色である。

 

《魂と記憶の盾》《金剛修羅王》といった優秀なカードも使える為、増量することも容易だろう。

 

青黒

 

f:id:chikanzya:20220509174848j:image

 

妨害性能に長けた《猛菌教皇ビューティシャン》《腐敗電脳アクアポインター》、ゴッド・カードの《邪道外道神》が存在。特に前者は様々な場面で役に立つだろう。

 

そして特筆すべきは《英知と追撃の宝剣》。本家ではSRだがデュエプレではVRなので使うことができるのだ。デッキの終着点になり得るだろうか。

 

ウィニーも充実しているが、枠があるかは怪しいところ。

 

赤青

 

f:id:chikanzya:20220509174903j:image

 

継戦能力がウリの《烈流神》を有するカラー。(ナーフが無ければと思わずにはいられない。)ただ、それ以外はパッとしないかな…

 

気になるのは《血風戦攻リドロ》。このカードと《霊騎秘宝ヒャックメー》と組み合わせることで、5文明を揃えつつマッドネスを活用出来るようになる。最強のマッドネス、《蒼神龍バイケン》は使えないが…

 

青緑

 

f:id:chikanzya:20220509174915j:image

 

ランクマッチ構築でもお馴染みの《策略と魅了の花籠》が存在。花籠ジャックのパッケージはVR以下環境でも健在か。

 

《剛撃電磁サイバゴン》《無頼電脳スプラッシュアックス》といったリソース補充カードも目立つ。中盤の動きを強化したい時、採用を検討したい。

 

《鎧亜の氷爪メフィスト》《魔魂葬のサードニクス》と色・能力がシナジーしているが、これらを採用したデッキに《フェアリー・ミラクル》は入るのだろうか?

 

白黒

 

f:id:chikanzya:20220509174931j:image

 

コントロールの申し子《腐敗聖者ベガ》はVR以下ルールでも変わらず強いだろう。《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》も一緒に採用すればフィニッシュ手段も獲得できる。

 

《魔光神》も注目すべき1枚。詳しくは後述。

 

赤白

 

f:id:chikanzya:20220509174954j:image

 

《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》《ヘブンとバイオレンスの衝撃》が魅力的な、防御よりのカラー。この色を基盤に据えれば最低限の防御力は保証されるだろう。

 

大型呪文を活用するのであれば《聖霊龍機ボルシャリオ》にも注目したい。《ラスト・バイオレンス》をサーチできる。

 

《機動聖者ミールマキシマム》《勇騎聖者ジェット・アール・イー》といった特定の状況下で強いカードも多いが、それらの枠を作るのは難しそうかな…

 

白緑

 

f:id:chikanzya:20220509175013j:image 

 

初動の《霊騎幻獣ウルコス》、トリガーの《調和と繁栄の罠》、リソース札兼フィニッシャーの《G・A・E》とよりどりみどり。個人的に気になっているのは《霊光の化身》

 

青黒のカードを採用した時、ついでに入れておくと良いかもしれない。(火単色に強いカードが多い為。バザガベルグ、スクラッパー等)

 

赤黒

 

f:id:chikanzya:20220509175035j:image

 

盤面を触るカードに優秀なものが多い。特に《腐敗勇騎マルドゥクス》《腐敗勇騎ガレック》は腐る場面が少なく便利である。《機械提督デリンダー》を有する青白との相性が良い為、出番は多いだろう。

 

《竜極神》《破壊龍神》が不在でもそこそこ強そうなラインナップで笑ってしまった。

 

黒緑

 

f:id:chikanzya:20220509175051j:image

 

《腐敗無頼トリプルマウス》は強そうだが、それくらいか。

 

赤緑

 

f:id:chikanzya:20220509193239j:image

 

呪文がどれも優秀。速攻気質なカラーがコントロール向きの呪文を複数持っているのは面白い。

 

《炎地武神》《至高無常神》の枠を食えなさそうに見える。強いけど。

 

青白緑

 

f:id:chikanzya:20220509175110j:image 

 

色は良いが本体のスペックがなんとも言えない。

 

黒赤緑

 

f:id:chikanzya:20220509175120j:image

f:id:chikanzya:20220509175127j:image

f:id:chikanzya:20220509181245j:image

 

《霊翼の宝アルバトロス》《至高無常神》が共に強力。VR以下ルールでは黒赤緑+青白からデッキを組むのが丸いかもしれない。

 

赤黒青

 

f:id:chikanzya:20220509175141j:image

f:id:chikanzya:20220509175152j:image

 

序盤のトンカチ要員と除去呪文。《超絶究極神》がいないルールなので《執拗なる鎧亜の牢獄》の価値はやや落ちるか?

 

赤白緑

 

f:id:chikanzya:20220509175206j:image

 

殴り返しから刻みまで幅広く担当可能。青黒のカードと相性が良いこともあり、かなり注目している。

 

白黒青

 

f:id:chikanzya:20220509175222j:image

f:id:chikanzya:20220509175232j:image

 

ゴッド・カードのスペックがランクマッチ程高くない(しかもその中の2体はアンタッチャブル)ので《鎧亜の剣邪オラスワン》は微妙だろう。

 

そうなると気になるのは《鎧亜の剣邪ミストジアス》だが……《機械提督デリンダー》で良いのではないだろうか…

 

《超絶究極神》が如何に便利だったのかが分かる。

 

白黒緑

 

f:id:chikanzya:20220509175243j:image

 

リドロのところで触れたので割愛。

 

白黒赤

 

f:id:chikanzya:20220509175250j:image

 

癖はあるが優秀な色基盤かつフィニッシャー。花籠と合わせるだけで5色揃うのはとても魅力的。考察する価値は大いにあるだろう。

 

5色

 

f:id:chikanzya:20220509175258j:image

 

マナを生み出さない為「色基盤」と呼んでいいのか分からないが一応紹介。

 

《ラスト・バイオレンス》を採用した構築は過去に(通常ルールだが)出回っているので使う際は調べると良いだろう。

 

構築案

 

f:id:chikanzya:20220509201628j:image

 

花籠+魔光神+HELLで5色揃うことに着目した「5cナイト」。展開してくる相手にはHELL、コントロール相手には《魔光神》をぶつけていく。サブプランはユリウスによる宝剣連打。

 

おわりに

 

記載漏れがあれば教えてください。

 

とりあえずナイト軸で1構築作ってみましたが、まだまだ楽しい構築が組めそうでワクワクします。各種ゴッドや《聖鎧亜キング・アルカディアス》がいないだけでこんなに違うんですねえ。

 

SPルール楽しみ!

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

 

【ラブライブ】Liella!新メンバー追加について

え…マジ…嘘だろ……?

 

信じられない……心がざわつく…

 

驚き

 

はい、というわけで、Liella!のメンバーが増えることが決まったそうです。

 

詳しくは公式Twitterにて。

 

ううーむ…マジか。

 

…いや、この感想は、プロジェクトに対してのものでは無いんです。真っ先にこの感想を抱いてしまった自分に驚いているのです。

 

嘘だろ、俺。

 

何の話だ

 

Liella!の活動をチェックしている方なら分かると思うのですが、Liella!って全員1年生なんですよね。

 

アニメの内容的にも、既存メンバー5人が進級し後輩メンバーが増えることは容易に想像が出来ました。

 

…出来ました、というか、「してた」んです。してたし、「進級」はこれまでのラブライブにはない展開だとワクワクしていました。

 

野球漫画「MAJOR」のような…というと規模が大きすぎますが、キャラクターの成長過程や人間関係をじっくり描く作品にして欲しいとすら思っていたのです。

 

希望通りの展開になったのに…何故俺の心は泣いている…

 

気付き

 

私は気付いてしまいました。

 

キャラクター、声優含めて、5人のLiella!が大好きになっていたことに。

 

最初こそラブライブ・シリーズのひとつとしてのんびり活動を追っていたのですが、いやはや、自分の中で相当大きな存在に変わっていましたね。

 

冷静に考えてみたら、アニメを毎話しっかりとリアタイし、リリース楽曲はカップリング含めて全て聴き公式生放送・突撃ロケもしっかりと視聴オンラインライブも勿論参加

 

更には伊達ラジLiyuuのはつらじも聴いているって、、、ねえ、、、Aqours以来ですよこんなん…

 

アニメはともかく、中の人の情報もしっかりチェックするようになってしまうとはなあ…全部伊達さゆりのすずめが悪い…

 

ここまで愛着がわいてしまうと、変化が起きることが怖いのも納得です。私は自分の弱さを認めたい。

 

ですが

 

私はこの変化を受け止めなければならないと思います。

 

繰り返しますが、この展開は唐突なものではなく、簡単に想像できるものでした。

 

そして、おそらくですが、「Liella!」の物語は追加メンバーによってより面白い方向へ向かいます。この変化は良い変化でしょう。

 

(特に葉月さんは、後輩の登場でグッと魅力が増すと思います。性格的に、1番頼りになる先輩ポジションだと思うので。

 

前向きに、今後の情報を追っていきたいと思います。

 

複雑な気持ちのリエラオタク、お互い頑張ろうぜ。

 

なんだかんだね、出てきたら新キャラも好きになると思うんですよ。今までもそうだった。

 

おまけ:新キャラについて

 

ざっと公開された新キャラのプロフィールを見てみたんですが、

 

f:id:chikanzya:20220428075224j:image

 

この子はどことなくすみれちゃん感がありますね。

 

意気投合するのか、ぶつかる関係になるのか、楽しみです。

 

…個人的には、すみれちゃんを弄らず尊敬するキャラが1人くらいいてもいいと思っているので、前者を希望します…笑 

 

一応既存メンバーでは葉月さんがそのポジションか…

【デュエプレ】青黒城オガプーコントロール

はじめに

 

今回は、カジュアルマッチ用の構築です。

 

城を建てまくって相手をコントロールするという、珍しい構築になっているので是非読んでください!

 

それでは、早速紹介に入ります。

 

(完全オリジナルだと思っていたのですが、紙でもオガプーコントロールってあったらしいです。辛み)

 

構築

 



 

キーカードは《T2・オガプー》

 

 

入るデッキが無いので使われていませんが、実は結構なハイスペックカード。僅か3マナで、盤面にも触れる置きドローソースですからね。

 

このカードを設置し、低コストの城を連打するのがこの構築の基本的な動きとなります。

 

《オガプー》と城である程度コントロールしたら《サイバー・A・アイアンズ》を召喚し、一気に殴り切ってしまいましょう!(なんと、本デッキの水クリーチャーは全て「サイバー」なのだ!)

 

基本的な動き

 

3t→《オガプー》

 

4t→《タケチヨ》+《ポチョムキン》、《ビューティシャン》、《XENOM》などなど

 

後半→《アイアンズ》で後続確保し、ブロッカーを無視して殴りきろう!

 

キーカード紹介

 

T2・オガプー

 

f:id:chikanzya:20220425233157p:image

 

本デッキの核となるクリーチャーです。こいつを召喚出来なければ始まりません。オガプーも満足に立てられないプレイヤーは城も建てられないッ…!

 

特筆すべきは、《オガプー》の能力は重複するということ。出せば出すほど強いので、マナ埋めはしない方が良いかと思います。

 

3tオガプー→4tオガプーポチョムキンは本デッキ最大の上振れムーブです。(字面が地味だな…)

 

f:id:chikanzya:20220425233713p:image

f:id:chikanzya:20220425234048p:image

 

↑参考画像。《オガプー》が集えば、アポロヌスの大量展開も全く怖くありません。

 

そして、このカードのバウンスは任意です。戻す必要がない場合はそのままにしておいた方がハンデスの威力が上がります!

 

チェレンコ

 

 

なんだこいつ、と思われるかもしれませんが、このカードは要塞化済みのシールドを退かすという大切な役割を担っています。

 

...いや、シールド5枚すべてを要塞化する展開が頻繁にありましてね。。。

 

(プレイスでは1枚のシールドにつき1枚しか城を建てられないのだ)(紙でもそうだと思ってた)

 

タケチヨ

 

 

登場時効果で城をサーチできるブロッカーです。

 

本デッキでは《ポチョムキン》、《ローズ・キャッスル》、《XENOM》の3枚が引っかかるようになっています。

 

特に重要なのは《ポチョムキン》。僅か1コストで《オガプー》の能力を起動できるカードなので、他の城を持ってくる時も《ポチョムキン》が盾落ちしていないかは確認しておいた方が良いです。

 

死神城XENOM

 

 

本デッキには死神クリーチャーが採用されていない為、ハンデス呪文のような感覚で使うことになります。相手の手札を落としたら、余裕のある時に《チェレンコ》で退かしてください。

 

単体ではコストパフォーマンスが悪いですが、《オガプー》がいれば話は別。ほぼ《ブレイン・タッチ》になるので強いです。また、《オガプー》下では《陰謀と計略の手》を思わせる性能になります。これが強い!(つい最近までXENOM効果が先に発動すると思ってたry

 

ギガボルバ

 

 

詰め要員。簡単に《スパーク》の負け筋を潰せるのでフィニッシュが安定します。

 

とはいえカードパワーは低く、他カードとのシナジーもないので抜いても良いでしょう。筆者の《スパーク》に怯えすぎる癖が出ています(

 

神羅ブリザード・ムーン/羅月ブリザード

 

 

本デッキでは《羅月》での運用が主。

 

《タケチヨ》や《ビューティシャン》といった、殴れないクリーチャーを打点に変換する為のカードです。

 

ちなみにこの枠、《タケチヨ》達に乗せられればなんでもいいので《アストラル・ラッシュ》なんかもおすすめです!

 

サイバー・A・アイアンズ

 

 

打点の高さとアンブロッカブル付与が魅力のファッティ。

 

城と相性の良いクリーチャーが軒並みサイバーだったので自然と入ってきました。こうやってスッと採用カードが決まると嬉しい。

 

フィニッシャー不足のデッキなので3枚にしてもいいかもしれません。

 

おわりに

 

なかなか楽しいデッキになりました。デッキパワーはお世辞にも高いとは言えませんが、満足いく仕上がりです。

 

それにしても、カジュアルマッチはたまにやると楽しいですね。これからもちょくちょく潜ろうと思います、当たったら対戦よろしくお願いしますね。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

 

追記

 

f:id:chikanzya:20220427230655j:image

 

より「映え」を意識した構築に調整しデュエプレデッキビルド杯にエントリーしました!

 

いや、自分で言うのもあれだけどかなり奇抜かつ綺麗なレシピになっているのではないでしょうか(こちらのレシピではチェレンコ+ランブルのギミックを取り入れてみました)

 

これは入賞だろ……公式に俺の名前を刻みつけてやるぜ…

 

………

 

…ええ、茶番です…

 

もう少し早く完成させたかったな…

【デュエプレ】死神デッキで使用したカードのメモ

はじめに

 

バトルアリーナで死神デッキを使うにあたり、さまざまなカードを試してきました。

 

今回はそれらを使って感じたことを書き綴っていきます。死神デッキを触り始めたぜ!という方の力になれたら幸いです。

 

「死神デッキ」がどういうものか知らない方にはなんのこっちゃ?と思われる記事だと思います、すみません…笑

 

ちなみに、死神を使った私の最高レートは1574

 

…はい。低いとは思いませんが、実績あるプレイヤーとはお世辞にも言えませんね。それでもよろしければ、お付き合いください。

 

ではでは、早速本題に入りましょう。

 

※フォーマットはNEWです。

 

死神術士デスマーチ

 



カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆☆

腐りにくさ  ☆☆

 

最軽量の死神であり、死神デッキ屈指のパワーカードです。

 

序盤の防御役、ビートプランを取る際の刻み役、終盤の追撃役…なんでもできます。1コストのスペックではありません、個人的には入れ得なカードだと思っています。

 

ただ、《ボーン・アミーゴ》もしくは《ボーンおどり・チャージャー》を引けないと序盤手札で腐る危険があります。4枚入れるかは諸説あるかも。それでも3枚は欲しいかな…

 

ちなみに、《デスマーチ》を活用した小技が結構あるので、覚えておくと役に立つかもしれません。いくつか紹介しましょう。

 

まずはキングロック解除。死神デッキは多色カードを採用しにくい為《キング・アルカディアス》が若干苦手です。しかし、《デスマーチ》があれば僅か1マナで《キング》のロックを解くことが出来ます。そのまま《XENOM》や《デスライオス》で切り返してしまいましょう。

 

続いて、スカルムーン高速召喚。《デスマーチ》は進化クリーチャーなので、羅月を経由することなく《スカル・ムーン》を乗せることが出来ます。

このコンボ自体は黒緑Bロマノフ等でも可能ですが、特筆すべきは、死神デッキは《ラヴァール》を採用できる点。上手く回れば恐ろしい速さでT・ブレイクを叩き込むことが出来ます。不利対面をこの動きで無理矢理捲ったことが何回かあります。

 

緊縛の影バインド・シャドウ

 

 

カードパワー ☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆

 

「死神、Bロマどうしようもないじゃん!」と嘆いたかつての私が試したメタカードです。《B・ロマノフ》と《DEATH・ドラゲリオン》を寝かせるのが狙いですね。

 

結論から申し上げますと、さすがにこいつは要らないです...メリットよりデメリットが大きいですね。自分の首を絞めます。ただでさえ枠がカツカツのデッキにこんなカードを入れるのは良くありません。

 

(一応、中途半端に余ったマナで横に並べられるのは強いのですが、《デスマーチ》で良いです)

 

「B・ロマノフ」は確かに苦しい相手なのですが、プレイングである程度対策できます。詳しくは《ボーン・アミーゴ》の項にて。

 

死神封魔ラヴァール

 

 

カードパワー ☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

《XENOM》の着地をサポートする2コストの死神です。

 

…このカードを紹介する前に、まずは2コスト死神の重要性についてお話しさせてください。

 

《ラヴァール》、そして《デスプルーフ》。この2匹は最速で立てられる速攻デッキ対策です。具体的には、2ターン目に《ヤミノザンジ》のCipを2連射できる状態を作り出すカードですね。

 

黒緑速攻がブイブイ言わせている間は2コスト死神を採用するのが丸いかと思います。後攻3ターン始動とかしていると《ヤミノザンジ》が捲れても負けますからね…

 

閑話休題。

 

さて、この《ラヴァール》ですが、個人的には《デスプルーフ》よりも優先度が高いと感じます。闇の進化クリーチャー(主にXENOM)がバカみたいに強いので。(単体性能はたぶん《デスプルーフ》の方が高いです」

 

《死神城》があれば僅か6マナで進化速攻XENOMが出来ます、やばいです(語彙力皆無)

 

ちなみにこのカード、《スカル・ムーン》は2コスト軽減しますが、《スカル》は1コストしか軽減してくれません。《スカル・ムーン》と組み合わせる際は間違えないように。

 

死神の影デスプルーフ

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆

 

パワーラインに不安がある死神をスレイヤー化してくれる優秀なウィニー。2体並べれば《デスプルーフ》自身もスレイヤーになります。

 

他カードと上手く組み合わせれば《バイオレンス・フュージョン》や《バルガライゾウ》の超展開にも抵抗することができる…かも?(実際、私はフォロワーさんがこのカードを使って華麗にHDMを返している瞬間を目の当たりにしています笑)

 

デッキの進化クリーチャーの枚数が少なければ《ラヴァール》ではなくこちらを採用すると良いでしょう、もちろん両立もアリだと思います。《ラヴァール》4枚、《デスプルーフ》2枚みたいな構築はちらほら散見されますね。

 

死神亡者ボーン・アミーゴ

 

 

カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

相手を選ばず繰り出せる、おそらく最強の初動です。殴れるブロッカーなのが頼もしすぎます。死神デッキは墓地の枚数がとても大切なので、このカードの優先度は非常に高いです。

 

自壊能力を持っているので《死神盗掘男》と組み合わせることで、手札補充することも可能です。《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》のような裏目もありますが、私はちょいちょい殴らせています笑

 

さて、そんな過労死担当の《アミーゴ》ですが、特にこのカードが大切になってくる対面が「黒緑B・ロマノフ」です。

 

この対面では、こいつと《死神盗掘男》の並びを作り、《B・ロマノフ》の攻撃をいなせるかが重要です。不利対面だからこそ抑えておきたいプレイングです。

 

(この辺の立ち回りを詳しく知りたい方は、最後に紹介する動画を観てみてください)

 

ボーンおどり・チャージャー

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆

 

死神デッキの初動その2。おそらく、「初動としては」《死神城》よりも強力なカードです。

 

増えたマナで《デスマーチ》を出す動きは速攻デッキに強烈に刺さりますし、次のターンに《ヤミノザンジ》や《死神ハンド》にアクセスできるのはチャージャーならでは。

このカードから繋ぐことでアドバンテージを荒稼ぎできる《リバイヴ・ホール》はコントロール対面で大活躍します。

 

…ですが、問題は腐りやすさ。終盤に引くと何の役にも立ちませんし、墓地に落ちても意味がありません。(これがとにかく困る)

 

名前を《死神おどり・チャージャー》にしてくれませんか、運営さん…

 

死神城XENOM

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆

 

死神デッキの初動その3。《ゴースト・タッチ》と《フェアリー・ライフ》と《ダルマンディ》を組み合わせたかのような、盛り盛りカードです。更に、《ボーンおどり・チャージャー》と違い、墓地に落ちても意味があります。

 

こう書くとかなりのパワーカードに見えますが、《ボーン・アミーゴ》、《ボーンおどり・チャージャー》とは異なりこのカードは墓地を肥やすことが出来ません。死神デッキは如何に墓地を肥やすか、みたいなところがあるのでこの欠点はなかなか大きいです。

 

そして何より、殴られるだけで3→5プランが消失するのは大きなマイナスポイントです。私の構築も含め、確認できた殆どの死神デッキに4枚採用されているカードではありますが、研究が進めば抜けていく可能性は大いにあると思っています。

 

ただ、弱いカードでは断じてありません、初動と銘打ちはしましたが、このカードが最も力を発揮するのはゲーム中盤。ハンデスで相手の動きを制限しつつ、展開した死神で殴り返しが狙えます。その後は《XENOM》の着地に貢献してくれるでしょう。

 

パワー+2000って地味に大きいんですよね。《ジャック》《メツ》《エンフォーサー》が効かなくなったり、《アミーゴ》が《キリンソーヤ》をブロックできるようになったりします。《XENOM》が《キリコ》と《サファイア》に取られなくなるのも良いですね。

 

死神盗掘男

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆

 

癖は強いですが、数少ないまともな手札補充要員です。後述しますが、《ギガアニマ》は色々と不便な点があります…自身が破壊されても引けるのが良いですね。

 

守る時、刻む時、ためる時、除去コンチックな動きをする時全てで役立つので採用するのが丸いカードだと思います。多分これがないとデッキが回りません。

 

(Allだと《アクアン》辺りと入れ替えられるかもしれませんが。試していないのでわかりません)

 

さて、このカードを語る上で欠かせないのが、複数除去に巻き込まれた時でしょう。この時、盗掘男が1番に破壊されないとドローできません

 

これは「自身と味方になんらかのpigを付与するカードが全体除去に巻き込まれた時、発動するpigはそのカードが持つものだけとなる」というルールが関係しています。《インフィニティ・ドラゴン》を使ったことがあるとピンとくるかも。

 

要するに、

 

DEATH・ドラゲリオンメテオバーンでラヴァール、死神盗掘男を破壊!

ルールにより、ラヴァールの破壊ではドローが発生しない。「破壊された1体目のクリーチャー」である事実だけが残る。

死神盗掘男は(同時に死んでるけど)「2回目に破壊されたクリーチャー」なのでドローが出来ない。

 

というわけです。普通に納得いかないですけどね笑

 

この仕様があるので、《地獄スクラッパー》を採用したデッキ相手には盗掘+ラヴァール+デスマーチみたいな並びはあまり作らない方が良かったりします。

 

死神の邪剣デスライオス

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

除去能力を持つ死神です。多少融通が効かないところがありますが、中盤の繋ぎ役として採用しやすいカードです。

 

主な仕事は《コッコ・ルピア》や《マッハ・ルピア》、《西南の超人》といったシステムクリーチャーの除去、《死神盗掘男》と組み合わせての手札補充、とりあえず墓地の死神を増やすなどなど。とりあえず死ぬのが仕事です。

 

…とはならないのが、死神デッキの難しいところ。

 

後述する《ヤミノザンジ》や《死神ハンド》の存在を考えると、敢えて場に残しておくプレイングが必要になることがあるのです。除去能力を使う前に一考することを忘れずに!

 

炸裂の影デス・サークル

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

扱いやすいカードが揃っている炸裂サイクルの1匹。私のBAデッキにも入っています。

 

このカードはVS速攻、ビートダウンを意識した際に採用を検討できるでしょう。目論見は外れましたが。バトルアリーナ、あんなにキリコが多いとはなあ。選ばせ除去故に大型にも手が出せる(=ヤミノザンジといい感じに役割分担ができている)、トリガーすれば返しのターンで《デスマーチ》が出せるのがポイントです。トリガーを厚くしたいのであればおすすめの1枚ですよ。

 

ちなみに、手打ちしても強いです。死神じゃない《デスライオス》みたいなもんですからね、こいつ。「デイガナイト」や「NEX」といった、除去札の枚数が重要になる対面で心強いんだァ。

 

死神ヤミノザンジ

 

 

カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

死神を使う理由と言ってもよいくらい強力なクリーチャーです。

 

トリガーがろくに入っていないのに速攻デッキと戦える理由はこいつにあります。よほどのことがない限り、このカードはデッキに入るのではないでしょうか。まあ私はこのカードをガン積みしているにも関わらずフォロワーさんの赤白速攻に3連敗しましたけど…あのデッキ強すぎるだろ…

 

このカードのスペックを引き出す為に、常にバトルゾーンに死神を置いておくように心がけてください。

 

死神ギガアニマ

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆

 

《死神盗掘男》と並ぶ死神デッキのドローソースです。《死神盗掘男》と違い即効性があることと、芋づる式に展開できることが強み。

 

ただ、このカードは、どう頑張っても不安定なのが気になりますね。落とすカードによっては数ターンサルベージ出来ないこともあります。性質上《ヤミノザンジ》、《XENOM》という2大パワカの回収が困難である点もマイナス。

 

そしてもうひとつ、こいつを採用するとライブラリアウトの危険性がグンと高まる点もネック。長期戦でこそ輝く能力なのに、長時間場に置いておけないというジレンマを抱えたカードだと言えます。このカードを使うなら《XENOM》や《スカル・ムーン》も一緒に採用し、好きなタイミングで場から離せるようにすると良いと思います。ミルキャンならぬアニキャン。...《バロム・モナーク》?渋いねえ。

 

個人的には、環境を見て1〜2枚積むカードかなと思います。

 

…白騎士の《シャルロッテ》を見ると、こいつのデザインなんなんだってなりますね。コスト制限を無くしてください。

 

封魔妖スーパー・クズトレイン

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

とあるnoteが紹介していた1枚、《デスプルーフ》と《死神盗掘男》をミックスして「死神」の2文字を外したようなカードです。

 

絶対に強いだろうと思い試したところ、いやはや強い。《デスプルーフ》、《死神盗掘男》が強いのだから、このカードも弱いわけがありませんね。

 

ただ、《羅月スカル》や《リバイヴ・ホール》といった、サルベージ札を押し退けて採用するのは若干難しいかもしれません。死神デッキは墓地が無駄に肥えるので、探索であることを考慮してもドロー<サルベージとなりやすい印象を受けます。《盗掘男》とは違い自身が破壊された時はドロー出来ない点もマイナス。

 

超次元リバイヴ・ホール

 

 

カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆

 

雑に強い超パワーカードです。

 

アドバンテージの稼ぎ方は《死神ハンド》と同等かそれ以上。特に、《ボーンおどり・チャージャー》から繋げた時の圧力は相当なものです。

 

基本的に挙動が地味な死神デッキですが、チャージャー→リバイヴの動きだけは「新時代だなぁ」と思わずにはいられませんね。やっぱりデッキ外のカードを呼び出すカードって強いや。

 

《ランブル》は相手リソースを奪うことに長けていますし(すぐ覚醒するので、相手は多くの場合除去を吐かなければならず、サルベージ分リソース差が開く)、《エイプリル》は刻むプランに厚みを持たせてくれます。

 

本当に強い1枚です。単体だけ見れば

 

…そうです。《ボーンおどり・チャージャー》、同様、墓地に落ちてしまうと完全に腐ってしまうのが唯一にして最大の欠点。Twitterを漁った感じ、現状では《スカル・ムーン》や《ギガアニマ》が優先されているようです。

 

このカードを無理なく組み込める死神デッキが開発されることを願います。

 

死神ハンド

 

 

カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

死神デッキの必殺技。死神が手札補充バリバリのアーキタイプに競り勝てるのはこのカードがあるからに他なりません。

 

最もわかりやすく効く対面は「NEX」でしょうか。従来のコントロールは着地した《NEX》や鳥の除去が精一杯で、じわじわとリソース差をつけられて負けていました。1:1交換では捌くのに限界があったのです。

 

しかし《死神ハンド》は1:1交換しか出来ない除去札とは違います。上手く使えば、場の《NEX》と後続の《NEX》を1枚で葬れるのです。なかなか革新的なカードじゃないですか?まあ死神デッキがコントロールデッキかというと怪しいんですけど…

 

追記:と思ったらこのカードより前に《ガブラ・ハンド》とかいうカードが出ていたので革新的でもなんでもないです。ちくしょう。

 

対「デイガナイト」なんかも、《シーザー》に注意しつつ《ネロ・グリフィス》をこのカードで捌き続けることで互角の戦いが出来ます。タイミング次第では、「キリコ」なんかにも致命傷を与えられますね。

 

非常にカードパワーが高く、墓地を肥やせれば受け札にもなる優良カードなので積極的に採用することをおすすめします。

 

ちなみに小技として「空撃ち」というものがあります。勿体ないですが、この呪文を唱えるだけで墓地の死神が+1されることは覚えておくと良いです。

 

死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆

腐りにくさ  ☆

気持ちよさ  ☆☆☆

 

私が死神デッキを触ったきっかけ。楽しいカードです。

 

chikanzya.hatenablog.com

 

…ですが、おそらく死神デッキにはいらないカードです。オーバーキルなカードかつ、《ギガアニマ》以上に不安定さが目立ちます。あと、遅いです。

 

アドバンテージを稼ぐカードが欲しいなら《羅月スカル》や《リバイヴ・ホール》を優先した方が良いでしょう。

 

《XENOM》を踏み倒せると物凄く気持ちいいんですけどね…「飛ぶ」ぞ…!

 

デーモン・ハンド

 

 

カードパワー ☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆

 

強いカードですが、手打ちするなら《死神ハンド》で十分です。このカードを採用するのは受けを強くしたい時になるでしょう。

 

私はこのカードを経て《デス・サークル》に落ちつきました。やっぱり呪文なのが弱いなと感じてしまいますね。

 

死神明王XENOM

 

 

カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆☆

腐りにくさ  ☆☆☆

 

死神デッキのフィニッシャー。ほぼ黒いサファイアです。確定除去能力も含め、とにかく突破力の高いカードという印象を受けます。

 

シールドトリガーの使用は許してしまいますが、相手がトリガーを使う=ハンデスの質があがるので下手なトリガーはむしろご褒美。《蒼神龍バイケン》に絶望的に弱い以外の欠点がありません。《バイケン》が《アクア・サーファー》と化すのだけは本当にダメ!

 

様々な動きが出来る死神デッキですが、おそらく1番太い勝ち筋はこのカードを使ってのビートダウンです。私はこのカードを信用し切っているので、ちょいちょい相手シールドを3枚まで刻んでXENOMフィニッシュをしやすくしています笑

 

いつ出しても強いカードですが、このカードが最も力を発揮するのは相手の手札が0の時※。余裕があれば《死神城》や《死神ハンド》で手札破壊をしてから出すと良いでしょう。

 

※だから、《Bロマノフ》とは正反対のカードなんですよね、実は。あいつは手札がある相手をいじめ抜くカードです。

 

超神星DEATH・ドラゲリオン

 

 

カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆☆

腐りにくさ  ☆

 

「黒ガントラ」や「黒緑Bロマノフ」でお馴染みのパワーカード。闇クリーチャーを中心としたデッキである「死神」でも勿論採用を検討できます。

 

死神デッキは中型〜大型のクリーチャーが横並びすると返すことが難しいのですが、《DEATH・ドラゲリオン》はその状況を単騎でひっくり返すことが出来るため噛み合いは良好です。

 

しかし悲しいかな、死神デッキはマナを伸ばすことが得意ではありません。着地そのものが難しく、出せたとしてもそこで勝ちきれなければ確実に息切れします。特に《ラヴァール》のコスト軽減を活用して召喚した時のもう後戻りできない感は異常です。

 

このカードは言うならば「不利な状況を無理矢理切り返すカード」なので、そういう状況にならない立ち回りが出来るのなら要らないでしょう。

 

…私はこのカードが欲しくなる状況にちょくちょく遭遇するので、まだまだです笑

 

神羅スカル・ムーン/羅月スカル

 

 

カードパワー ☆☆☆

環境との相性 ☆☆

腐りにくさ  ☆☆

 

究極進化サイクルの1体。死神デッキとのシナジーが高く、1〜2枚採用している構築が多いように見受けられます。(スカルでスカルを回収出来るよう2枚の採用がベターかも)私がBAで採用した構築にも1枚入っています。

 

《スカル》は墓地を増やしつつ《XENOM》や《デスマーチ》を回収できるデッキの潤滑油。所謂ルーターですが、ルナティック進化とpigの存在から場に出した後の圧力が極めて高い点が強力。性質としてはリバイヴ+ランブルに近いです。

 

《スカル・ムーン》は攻守共に優れたパワーカード。打点の高さと破壊耐性付与はビートプランにおいて非常に優秀ですし、ブロッカー+スカルムーンの並びはとにかく硬いです。《ラヴァール》によって簡単に出せるのもポイント。

 

注意点は、死神にこのカードを乗せると死神ではなくなってしまうこと。《ヤミノザンジ》や《死神ハンド》が重要な対面・状況では進化させていいのか慎重に考えるようにしてください。

 

デッキサンプル

 

私が良いなと感じたデッキをいくつか紹介します。

 

 

 

 

※リンクNGの方は教えて頂けると助かります。すぐに削除致します。

 

筆者の使用構築はこちら↓

 

chikanzya.hatenablog.com

 

使用者が増え、固定パーツが定まってきた感じがありますね。

 

【おまけ】参考になる動画・記事

 

youtu.be

 

www.youtube.com

 

死神が流行る前から死神でレートを盛っていたすごいプレイヤー。解説を聞くと、この方は本当に上手いんだなと感じます…

 

note.com

 

《クズトレイン》に気付いたきっかけ。とても参考になりました。

 

※こちらも、リンクNGの方は教えて頂けると嬉しいです。すぐに削除致します。

 

おわりに

 

疲れた…

 

久しぶりに長めの記事を書きましたが、如何だったでしょうか。

 

ちなみに、これでもまだ試していないカードがあります。《ベルベル》や《ジャクソン》ですね。あと《バロム・モナーク》か。時間のある時に試してみたいと思います。死神の種類少ないなと思っていたのですが、そんなことありませんね。なんかちょっと格ゲー感ありますね。一見使えるキャラ少ないけど、いざ触るととても触りきれないみたいな。

 

…《ジャクソン》、《モナーク》はともかく、《ベルベル》は結構強いと思うんですよね。3コスト帯が厚すぎるだけで。実際入っているレシピ見かけましたし。

 

それでは、長々とお付き合い頂きありがとうございました。また次の記事でお会いしましょう。

【感想】映画「SING/シング:ネクストステージ」

はじめに

 

稲葉さんが声優を担当する、ということで気になっていた「SING2」を遂に観てきました!

 

面白かったです!

 

それでは早速感想のほうを。

 

みどころ・感想

 

①「1」から続く、賑やかでユーモア溢れるストーリー

→ムーン・シアターの経営が順調なことで、バスターの破天荒さが増していましたね笑 彼は行き当たりばったりなところが多いですが、その勢いも魅力でしょう。

 

②既存キャラクターの成長

→本作は「1」を観ていなくても楽しめるとは思いますが、「1」を観ているとより面白いのは間違いありません。私はなんと、観てるんですねえ〜!(更新日は昨日だ!)

ミーナ(MISIA)が人前で堂々とパフォーマンスしていたり、ジョニー(大橋さん)がピアノを弾きこなしているだけでも何かグッと来ますね…

 

③クレイ・キャロウェイが渋カッコイイ

→稲葉さんが担当するクレイは元・伝説のロックスター。稲葉さんとクレイはリンクする部分があり(物凄い実力者なのに控えめでどこか臆病なところとか笑)、彼の登場シーンにはとても引き込まれました。

クレイが復活できた理由が彼のファンであるアッシュの音楽だった…というのも凄くよいですね。欲を言えば、クレイが心変わりする様をもう少し描写して欲しかったですが(クレイ、出番少なくない?笑

 

④やっぱりおんがくのちからってすげー!

→本当にすごい、心が震えます。昨日の記事でも書きましたが、私は洋楽にとにかく疎いです。興味が持てないと言ってもいい。そんな私でもスクリーンに釘付けになってしまうのが「SING」の歌唱シーンです…

稲葉さん声セクシーすぎた…

稲葉さんって高音がすごいだけじゃないんですよね…オトナのかっこよさだわ…なんなのあの雰囲気…

あと、どうしても言及したいのがポーシャ(アイナ・ジ・エンド)の歌。歌い回しや声質がとても好みだったので、アイナさんの歌を漁ってみようと思いました笑

 

⑤バッドガイの使い方に草

→私、あの曲が怖くてちょっと苦手だったんですけど、この映画で克服できた気がします!!絶対笑うから映画観てください(

 

おわりに

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。