海岸通りで待ってるよ

オタクブログ

ロッテリアジビエバーガー爆食いオタク

気になっていた、ロッテリアさんのジビエバーガーを食べてきました!

 

www.lotteria.jp

 

1/29日から販売が始まったこのジビエバーガー、使われている肉はなんと鹿肉。鹿肉なんて食戟のソーマでしか見たことがありません、私にとっては未知の食材だったわけですが…

 

美味しかった(            ; ω' )

 

ジビエバーガーは720円となかなかお高めなので、美味しく食べられてよかったなぁ。口に合わなかったら結構ショック大きかったぜ...クッソどうでもいいですが、今回、普段は付けているオニオンリングとポテトを諦めました

ジビエ肉が1000円せずに食べられるという意味では安いのかもしれませんが。

 

本日は、そんなジビエバーガーの食レポをしていきたいと思います。

 

f:id:chikanzya:20210204140649j:image

 

包み紙に鹿のイラストとか描いてあるのかなと思っていましたがそんなことはなかった。普通。

ただ、見た目こそ普通ですがやはり拘りの期間限定商品。商品提供までに10分程度かかるようなので、時間に余裕を持っての注文をお勧めします。

 

f:id:chikanzya:20210204141458j:image

 

中身はこんな感じ。開封した時にトマトの爽やかな香りが漂います。

鹿肉を使ったパティは意外にも(?)普通の見た目でした。目を引くのはむしろ、たっぷり入った野菜。ロッテリアのメニュー表にも書いてありますが、レタス・トマト・スライスオニオン・そしてピクルスの4種類の野菜が入っております。これらの野菜はそれぞれ定番の具材ですが、トマト・スライスオニオンとピクルスが一緒に入っているのは少し珍しい気がしますね。わからないですけど(

 

気になる味の方ですが、意外にもthe・さっぱり系ハンバーガーといった感じ。ジビエ料理ということで、少なからず癖のある味わいがすることを覚悟していたのですが、とても食べやすかったです。ランチ時や小腹が空いた時の完食時にピッタリだと思いました。長らく食べていませんが、フレッシュネスバーガーがこんな感じだったような気がするのだ...

その理由は、たくさん入った野菜と、特製のエゾ鹿ラグーソース。(名前の通り、ソースにも鹿の挽肉が使われているそうですよエゾ鹿ラグーソースは名前の通りミートソースなんですけど、このソース、若干さっぱり目に作られているんですよね。似た系統のハンバーガーであるモスバーガーと比べると、モスバーガーの方がジャンキーです。

さっぱり味の理由は説明文にも書いてあるガラムマサラや複数のスパイスだと思われます。「カレーっぽさもあるのかな?」と思っていましたが、個人的にはそんなに感じなかったかな...後味にほんのり程度。説明文にスパイシーって書いてあるんですが、全然辛くないので辛い物が苦手な方もご安心を。(ただ、一口目からカレーの風味がした!という感想もちらほら見受けられるので個人差はありそうです。私の舌がポンコツな可能性は高い)

余談ですが、ガラムマサラは辛みこそありますが基本的に香り付け用の香辛料らしいですよ。辛みを増す為のものではないのでカレートークをする際は注意してください。私は知らずに恥ずかしい思いをしましたwwww

 

主役の鹿肉パティはなかなかに噛み応えがあり、「肉を食らっている」感がしっかりとありました。「おもちゃ肉」では断じてありません。

しかし、こってりしているかと言われると答えはNO。肉自体もすごくスッキリした後味です。予想外の食べやすさに驚きました。(気になって調べてみたところ、鹿肉は高タンパクかつ脂質が少ないそうで。元々ヘルシーな肉なんですね)勿論、上述のソース・野菜が臭み取りの役割をしっかり果たしているというのも大きいでしょう。

 

バンズ・肉・野菜、全てがさっぱり美味しく纏まっていると言えます!

 

ja.wikipedia.org

 

 というわけで、久しぶりの食レポでした!如何だったでしょうか。

前回は海老だったので画面がちょっとキモかったんですが、今回は比較的見やすい記事になってるんじゃないかなと思います(

いやぁ、生きている車海老は本当にキモかった。

 

chikanzya.hatenablog.com

 

総括すると、ロッテリアのジビエバーガーはフレッシュなハンバーガーが好きな人は絶対に好きなので是非一度お試しあれ。(女性ウケはかなりいいと思います。)反面がっつり好きな人にはちょっと物足りないかも。高いし。

私はたぶんリピートします。

 

それではまたどこかで。