前原メモ

デュエプレ中心ですが特化ではありません ゆるりと

【デュエプレ】VR以下ルールで5cコンを組みたいので色基盤をメモしました

はじめに

 

そういうことです!

 

今回は完全に自分用のメモなので淡々と書いていきますが、同志(?)の役に立てば嬉しいです。

 

青白

 

f:id:chikanzya:20220509174832j:image

 

5cの核となる《機械提督デリンダー》をランクマッチ同様に使用可能。後述する《至高無常神》と組み合わせるだけで5文明を揃えることが出来る良い色である。

 

《魂と記憶の盾》《金剛修羅王》といった優秀なカードも使える為、増量することも容易だろう。

 

青黒

 

f:id:chikanzya:20220509174848j:image

 

妨害性能に長けた《猛菌教皇ビューティシャン》《腐敗電脳アクアポインター》、ゴッド・カードの《邪道外道神》が存在。特に前者は様々な場面で役に立つだろう。

 

そして特筆すべきは《英知と追撃の宝剣》。本家ではSRだがデュエプレではVRなので使うことができるのだ。デッキの終着点になり得るだろうか。

 

ウィニーも充実しているが、枠があるかは怪しいところ。

 

赤青

 

f:id:chikanzya:20220509174903j:image

 

継戦能力がウリの《烈流神》を有するカラー。(ナーフが無ければと思わずにはいられない。)ただ、それ以外はパッとしないかな…

 

気になるのは《血風戦攻リドロ》。このカードと《霊騎秘宝ヒャックメー》と組み合わせることで、5文明を揃えつつマッドネスを活用出来るようになる。最強のマッドネス、《蒼神龍バイケン》は使えないが…

 

青緑

 

f:id:chikanzya:20220509174915j:image

 

ランクマッチ構築でもお馴染みの《策略と魅了の花籠》が存在。花籠ジャックのパッケージはVR以下環境でも健在か。

 

《剛撃電磁サイバゴン》《無頼電脳スプラッシュアックス》といったリソース補充カードも目立つ。中盤の動きを強化したい時、採用を検討したい。

 

《鎧亜の氷爪メフィスト》《魔魂葬のサードニクス》と色・能力がシナジーしているが、これらを採用したデッキに《フェアリー・ミラクル》は入るのだろうか?

 

白黒

 

f:id:chikanzya:20220509174931j:image

 

コントロールの申し子《腐敗聖者ベガ》はVR以下ルールでも変わらず強いだろう。《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》も一緒に採用すればフィニッシュ手段も獲得できる。

 

《魔光神》も注目すべき1枚。詳しくは後述。

 

赤白

 

f:id:chikanzya:20220509174954j:image

 

《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》《ヘブンとバイオレンスの衝撃》が魅力的な、防御よりのカラー。この色を基盤に据えれば最低限の防御力は保証されるだろう。

 

大型呪文を活用するのであれば《聖霊龍機ボルシャリオ》にも注目したい。《ラスト・バイオレンス》をサーチできる。

 

《機動聖者ミールマキシマム》《勇騎聖者ジェット・アール・イー》といった特定の状況下で強いカードも多いが、それらの枠を作るのは難しそうかな…

 

白緑

 

f:id:chikanzya:20220509175013j:image 

 

初動の《霊騎幻獣ウルコス》、トリガーの《調和と繁栄の罠》、リソース札兼フィニッシャーの《G・A・E》とよりどりみどり。個人的に気になっているのは《霊光の化身》

 

青黒のカードを採用した時、ついでに入れておくと良いかもしれない。(火単色に強いカードが多い為。バザガベルグ、スクラッパー等)

 

赤黒

 

f:id:chikanzya:20220509175035j:image

 

盤面を触るカードに優秀なものが多い。特に《腐敗勇騎マルドゥクス》《腐敗勇騎ガレック》は腐る場面が少なく便利である。《機械提督デリンダー》を有する青白との相性が良い為、出番は多いだろう。

 

《竜極神》《破壊龍神》が不在でもそこそこ強そうなラインナップで笑ってしまった。

 

黒緑

 

f:id:chikanzya:20220509175051j:image

 

《腐敗無頼トリプルマウス》は強そうだが、それくらいか。

 

赤緑

 

f:id:chikanzya:20220509193239j:image

 

呪文がどれも優秀。速攻気質なカラーがコントロール向きの呪文を複数持っているのは面白い。

 

《炎地武神》《至高無常神》の枠を食えなさそうに見える。強いけど。

 

青白緑

 

f:id:chikanzya:20220509175110j:image 

 

色は良いが本体のスペックがなんとも言えない。

 

黒赤緑

 

f:id:chikanzya:20220509175120j:image

f:id:chikanzya:20220509175127j:image

f:id:chikanzya:20220509181245j:image

 

《霊翼の宝アルバトロス》《至高無常神》が共に強力。VR以下ルールでは黒赤緑+青白からデッキを組むのが丸いかもしれない。

 

赤黒青

 

f:id:chikanzya:20220509175141j:image

f:id:chikanzya:20220509175152j:image

 

序盤のトンカチ要員と除去呪文。《超絶究極神》がいないルールなので《執拗なる鎧亜の牢獄》の価値はやや落ちるか?

 

赤白緑

 

f:id:chikanzya:20220509175206j:image

 

殴り返しから刻みまで幅広く担当可能。青黒のカードと相性が良いこともあり、かなり注目している。

 

白黒青

 

f:id:chikanzya:20220509175222j:image

f:id:chikanzya:20220509175232j:image

 

ゴッド・カードのスペックがランクマッチ程高くない(しかもその中の2体はアンタッチャブル)ので《鎧亜の剣邪オラスワン》は微妙だろう。

 

そうなると気になるのは《鎧亜の剣邪ミストジアス》だが……《機械提督デリンダー》で良いのではないだろうか…

 

《超絶究極神》が如何に便利だったのかが分かる。

 

白黒緑

 

f:id:chikanzya:20220509175243j:image

 

リドロのところで触れたので割愛。

 

白黒赤

 

f:id:chikanzya:20220509175250j:image

 

癖はあるが優秀な色基盤かつフィニッシャー。花籠と合わせるだけで5色揃うのはとても魅力的。考察する価値は大いにあるだろう。

 

5色

 

f:id:chikanzya:20220509175258j:image

 

マナを生み出さない為「色基盤」と呼んでいいのか分からないが一応紹介。

 

《ラスト・バイオレンス》を採用した構築は過去に(通常ルールだが)出回っているので使う際は調べると良いだろう。

 

構築案

 

f:id:chikanzya:20220509201628j:image

 

花籠+魔光神+HELLで5色揃うことに着目した「5cナイト」。展開してくる相手にはHELL、コントロール相手には《魔光神》をぶつけていく。サブプランはユリウスによる宝剣連打。

 

おわりに

 

記載漏れがあれば教えてください。

 

とりあえずナイト軸で1構築作ってみましたが、まだまだ楽しい構築が組めそうでワクワクします。各種ゴッドや《聖鎧亜キング・アルカディアス》がいないだけでこんなに違うんですねえ。

 

SPルール楽しみ!

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。