前原メモ

デュエプレ中心ですが特化ではありません ゆるりと

【デュエプレ】青黒城オガプーコントロール

はじめに

 

今回は、カジュアルマッチ用の構築です。

 

城を建てまくって相手をコントロールするという、珍しい構築になっているので是非読んでください!

 

それでは、早速紹介に入ります。

 

(完全オリジナルだと思っていたのですが、紙でもオガプーコントロールってあったらしいです。辛み)

 

構築

 



 

キーカードは《T2・オガプー》

 

 

入るデッキが無いので使われていませんが、実は結構なハイスペックカード。僅か3マナで、盤面にも触れる置きドローソースですからね。

 

このカードを設置し、低コストの城を連打するのがこの構築の基本的な動きとなります。

 

《オガプー》と城である程度コントロールしたら《サイバー・A・アイアンズ》を召喚し、一気に殴り切ってしまいましょう!(なんと、本デッキの水クリーチャーは全て「サイバー」なのだ!)

 

基本的な動き

 

3t→《オガプー》

 

4t→《タケチヨ》+《ポチョムキン》、《ビューティシャン》、《XENOM》などなど

 

後半→《アイアンズ》で後続確保し、ブロッカーを無視して殴りきろう!

 

キーカード紹介

 

T2・オガプー

 

f:id:chikanzya:20220425233157p:image

 

本デッキの核となるクリーチャーです。こいつを召喚出来なければ始まりません。オガプーも満足に立てられないプレイヤーは城も建てられないッ…!

 

特筆すべきは、《オガプー》の能力は重複するということ。出せば出すほど強いので、マナ埋めはしない方が良いかと思います。

 

3tオガプー→4tオガプーポチョムキンは本デッキ最大の上振れムーブです。(字面が地味だな…)

 

f:id:chikanzya:20220425233713p:image

f:id:chikanzya:20220425234048p:image

 

↑参考画像。《オガプー》が集えば、アポロヌスの大量展開も全く怖くありません。

 

そして、このカードのバウンスは任意です。戻す必要がない場合はそのままにしておいた方がハンデスの威力が上がります!

 

チェレンコ

 

 

なんだこいつ、と思われるかもしれませんが、このカードは要塞化済みのシールドを退かすという大切な役割を担っています。

 

...いや、シールド5枚すべてを要塞化する展開が頻繁にありましてね。。。

 

(プレイスでは1枚のシールドにつき1枚しか城を建てられないのだ)(紙でもそうだと思ってた)

 

タケチヨ

 

 

登場時効果で城をサーチできるブロッカーです。

 

本デッキでは《ポチョムキン》、《ローズ・キャッスル》、《XENOM》の3枚が引っかかるようになっています。

 

特に重要なのは《ポチョムキン》。僅か1コストで《オガプー》の能力を起動できるカードなので、他の城を持ってくる時も《ポチョムキン》が盾落ちしていないかは確認しておいた方が良いです。

 

死神城XENOM

 

 

本デッキには死神クリーチャーが採用されていない為、ハンデス呪文のような感覚で使うことになります。相手の手札を落としたら、余裕のある時に《チェレンコ》で退かしてください。

 

単体ではコストパフォーマンスが悪いですが、《オガプー》がいれば話は別。ほぼ《ブレイン・タッチ》になるので強いです。また、《オガプー》下では《陰謀と計略の手》を思わせる性能になります。これが強い!(つい最近までXENOM効果が先に発動すると思ってたry

 

ギガボルバ

 

 

詰め要員。簡単に《スパーク》の負け筋を潰せるのでフィニッシュが安定します。

 

とはいえカードパワーは低く、他カードとのシナジーもないので抜いても良いでしょう。筆者の《スパーク》に怯えすぎる癖が出ています(

 

神羅ブリザード・ムーン/羅月ブリザード

 

 

本デッキでは《羅月》での運用が主。

 

《タケチヨ》や《ビューティシャン》といった、殴れないクリーチャーを打点に変換する為のカードです。

 

ちなみにこの枠、《タケチヨ》達に乗せられればなんでもいいので《アストラル・ラッシュ》なんかもおすすめです!

 

サイバー・A・アイアンズ

 

 

打点の高さとアンブロッカブル付与が魅力のファッティ。

 

城と相性の良いクリーチャーが軒並みサイバーだったので自然と入ってきました。こうやってスッと採用カードが決まると嬉しい。

 

フィニッシャー不足のデッキなので3枚にしてもいいかもしれません。

 

おわりに

 

なかなか楽しいデッキになりました。デッキパワーはお世辞にも高いとは言えませんが、満足いく仕上がりです。

 

それにしても、カジュアルマッチはたまにやると楽しいですね。これからもちょくちょく潜ろうと思います、当たったら対戦よろしくお願いしますね。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

 

追記

 

f:id:chikanzya:20220427230655j:image

 

より「映え」を意識した構築に調整しデュエプレデッキビルド杯にエントリーしました!

 

いや、自分で言うのもあれだけどかなり奇抜かつ綺麗なレシピになっているのではないでしょうか(こちらのレシピではチェレンコ+ランブルのギミックを取り入れてみました)

 

これは入賞だろ……公式に俺の名前を刻みつけてやるぜ…

 

………

 

…ええ、茶番です…

 

もう少し早く完成させたかったな…