前原メモ

デュエプレ中心ですが特化ではありません ゆるりと

【感想】映画「SING/シング(吹替版)」

はじめに

 

SING2に稲葉さんが出ていると知り、観に行きたいなと思った私。

 

しかし、私は1を観ていない…

 

というわけで、観ました!今回は1の感想です!

 

SING2も観たら感想書きます!(面白かったので映画館に足を運ぶのが確定しました)

 

※感想は常体を使わせて頂きます。

 

感想

 

①キャラクターの歌声に圧倒された。間違いないキャスティングだと思った。

→次の項で詳しく言及。

 

②賑やかなストーリーに楽しい気持ちになることが出来た。海外アニメはテンションが高くパワフルなイメージがあるのだが、本作も非常にエネルギッシュ。多少強引な展開(出演者よく怒らなかったな、とか笑)はあったが、その勢いも良さだろう。

キャラクターの会話シーンはユーモアに溢れており、たくさん笑うことができた。

 

③映像の凄さにびっくり。海外アニメのレベルの高さを改めて感じた。

巨大水槽から水が吹き出して、建物が崩れるところが特に凄かった。あとはネズミの逃走シーン、アクション映画じゃないのに(笑)

 

なぜそう思ったのか

 

①について書いていくが、何故もくそもない…(笑)

 

声優を担当している人が大御所も大御所だ、歌声のエネルギーが規格外すぎる。最高だった。

 

声優陣全員素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたが、特にMISIAさんとスキマスイッチ大橋さんが良かった。

あと、ネズミの渋すぎる歌声に良い意味で笑ってしまった(山ちゃんだとは分からなかった笑)

 

劇中では、彼らの歌声によってランス、ロジータ夫、ジョニー父、その他大勢の心に変化が起きるわけだが…納得するしかない(笑)同じライブを見てるんだもの。

私は作品に触れる時、「キャラクターに感情移入できるか?」を重視するのだが、その点ではこの作品は100点を取っていると言っても過言ではない。音楽の力はすごいなぁ。

 

ラブライブ!が好きなのももしかして音楽要素があるからか…?

 

ちなみに私は笑ってしまうくらい洋楽に疎く、わからない曲も多かったのだが問題なく楽しめた。洋楽興味ないよって人でも楽しめる映画だと思う。

 

おわりに

 

良い映画でした。2も早くみたいです。稲葉さんはどんな演技をするんだろう。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。