前原メモ

デュエプレ中心ですが特化ではありません ゆるりと

【デュエプレ】デアリフルパワーカチュア

構築

f:id:chikanzya:20220318184507j:image

 

コンセプトは「カチュアに全力で頼るが、依存はしない」です。

 

プレイの幅が広く使っていてとても楽しいデッキです。

 

戦績

マスター到達。

 

ルムマでワイワイ。

 

キーカード紹介

 

《カチュア》といえばドラゴンなので、まずは本デッキでシュートするドラゴン3体の紹介をば。

 

まずはお馴染み《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》。盾が厚いデッキが増えている現環境、《サファイア》のフィニッシュ力は非常に頼りになります。

 

続いて、《緑神龍ディルガベジーダ》。このカードは半永久的に使える非常に強力な全体除去札として活躍してくれます。「小型ファイアー・バード+NEX」、「小型ナイト+ネロ・グリフィス」、「小型ブロッカー+大型ゴッド」などなど、ランクマッチで頻繁に遭遇するであろう並びへの回答となります。

 

最後に《黒神龍ベルザローグ》。地味ですが時として《サファイア》以上に容赦のない一手になり得ます。例えば、相手が《カチュア》を除去するカードを使う為にチャンプブロックで時間を稼ごうと動いてきた時。手札に圧をかけてしまえば相手のプランは崩壊することがお分かり頂けるでしょう。(除去札を残されても、アドバンテージ差が開き有利になります)

 

 

ドラゴンの次は本デッキのリソース補給要員を紹介しましょう。懐かしの《魅了妖精チャミリア》です。

 

...「思い出のデュエマ」がしたいわけではありません、環境的に非常に動かしやすいから採用しています。今使われている除去に強く、継続的にアドバンテージを稼げるこのカードは並のドロソを軽く凌ぐ強さを持っています。

 

例えば、《獅子幻獣砲》、効きません。《ジャック》、効きません。《メツ》効きません。《ガッツンダー》、返りうちです。《デュアル・ザンジバル》、1撃では溶けません。《アルカディア・エッグ》、盾を割らずに寝かせられるので効きません。各種ハンデス、複数回寝かせれば相手のリソースが先に枯れます。

 

デアリ・カラーで「デイガナイト」や「トリガーHDM」とやり合う為には必須なんじゃないかなと勝手に思っています笑

 

 

《竜極神》《破壊龍神》の紹介もしておきましょう。

 

このカードは《カチュア》に次ぐフィニッシャーでありながら、不利対面をひっくり返すメタカードとしての役割も持っています。具体的には、黒緑速攻剣誠ですね。

 

まず黒緑。ギフトメツで粉砕すれば勝ちです。剣誠。ギフトメタルで《マッハアーマー》を焼却すれば大体勝ちです。

 

「適当すぎだろ!」と思われるかもしれませんが、デッキパワーを高めた上で不利対面をワンチャン捲れるなら十分だと判断しました。

 

各対面雑感

 

NEX

→《カチュア》を素早く立てなければ始まりません。。。前座の鳥に《ヘヴィ》を合わせてもアドバンテージを稼げないので何としてもカチュアを引かなければいけません。

《カチュア》を出したら、《ベルザローグ》のハンデスと《ディルガベジーダ》の除去を使い分けて相手クリーチャーを捌きます。《アルバトロス》が《ピース・ルピア》のpigを発動させずに自爆できるので上手く使っていきたいところ。

フィニッシュは《サファイア》もしくは《HDM》。最悪《ベジーダ》で突っ込みます。VSネックスに限った話ではないですが、早めにシールドを割り切っておけば《アルバトロス》で勝てることは覚えておくと良いと思います。(実際、マスター昇格戦はベジーダアルバアルバで押し切りました。サファイアが4枚見えちゃったので...)

 

剣誠

→先攻を取り(重要)、ギフトメタル、ギフトメツで圧殺を狙います。先に動かれたらまず勝てません。

 

エンペラー・キリコ

→《カチュア》を立て、状況に応じたドラゴンを打ち分けていきます。キリコ着地ルート全てを防ぐのは難しいので、公開ゾーンを随時チェックしリスクの少ない行動を取るように頑張ります。

《龍神ヘヴィ》が雑な遅延カードとして活きる対面。ゴッドカードの汎用性の高さを感じます。

 

デイガナイト

→理想は先攻ライフチャミリアカチュア。最低でも《アルカディア・エッグ》前に《チャミリア》を寝かしたいところです。《チャミリア》も《カチュア》も引けない時は...厳しいでしょう。

《カチュア》のリサイクル要員となる《アルバトロス》、ナイトクリーチャー除去の《メツ》《ベジーダ》が重要になります。

上手くハマると大きなリソース差を付けられますが、クリーチャーの並べ過ぎには注意。《シーザー》で滅茶苦茶にされます。

 

B・ロマノフ

→一度も当たっていないのでノーコメント。(アルバトロスが重要になるかな?)

 

トリガーHDM

→ナイト同様に《チャミリア》《カチュア》をどれだけ回せるかが鍵です。基本的にゆっくり戦えばよい対面ですが、ライフギフトカチュアが揃っていたら出してもよいでしょう。除去されないので《ベルザローグ》で動きを制限してやると結果的に《カチュア》が長持ちします。

数少ない「有利」と言える対面ですが、確定除去トップ解決を続けられるとこちらのできることがなくなって押し負けてしまいます。

 

黒緑速攻

→気合で先攻を取り、《メツ》を間に合わせます。たまに《ベジーダ》で切り返せることも。基本的には勝てません。