海岸通りで待ってるよ。

友情のシーサイド

「Mikan」記事をあげた時に考えていたこと(歌詞の解説的な

f:id:chikanzya:20190111123829p:plain

chikanzya.hatenablog.com

 

↑前回の記事

の、歌詞解説記事です。

 

www.youtube.com

 

↑紅白出場も果たしたすごすぎる原曲様。

 

 

 

夢ならばどれほど良かったでしょう

未だにひとつの零(ゼロ)を夢に見る

無くした物をただ探すように

古びた貼り紙の埃を払う

誰からも評価されず最下位となってしまったAqours。

このライブを行うまで、千歌ちゃんにとってスクールアイドルは"やりたいこと""憧れ""キラキラ輝いているもの"と、ポジティブなイメージでしかありませんでした。はじめて突きつけられた現実。そして実感する、自身がスクールアイドルに触れるきっかけになった「μ's」との差。

はい。貼り紙というのは千歌ちゃんの部屋にあったあれですねw

 

果てしない力差(ちからさ)があることを

最高の舞台が教えてくれた

偽りの笑顔で誤魔化しても

瞳(め)に映る景色ずっと昏(くら)いまま

一番は千歌ちゃん視点で歌詞を考えました。千歌ちゃんは「私が泣いたらみんな悲しむでしょう?」と、メンバーのことを気遣える優しいリーダー・・・そして、無理していることが誰の目からも一目瞭然になってしまう不器用なリーダーなんですよねwそこが彼女のいいところです。

"最高の舞台"は"TOKYO"と"Saint Snow"を掛けた言葉ですね。自分で見てわざとらしさに笑ってしまうのですが、同時にここは「最高」という言葉以外ないなとも思っています()ラブライブ!は遊びじゃない。

 

きっともうこの感情を表す言葉を

私もあなたもわかっている

「0だったんだよ?悔しいじゃん!!」

実際に歌えるか声を出しながら替え歌を作っていましたが、「感情をー」ってめっちゃ抜けるのでここの歌詞はお気に入りです。

 

あの日の振り付けさえ震えた歌声さえ

その全てを愛してたあなたとともに

胸に残り離れない酸っぱい蜜柑の匂い

雨が降り止むまでは帰れない

今でもあなたは私の光

曜ちゃん、梨子ちゃん、ルビィ、ズラまる、ヨハネ。輝きたい一心で仲間をかき集めて始めたスクールアイドル活動。μ'sのようなハイレベルなダンスや歌唱ができる訳ではありません。それでも、Aqoursは仲間と共にPVを完成させるまでに至ったのです。そこに到るまでの時間は紛れもなく輝いていて、大切なもの。辛い現実をぶつけられても、千歌ちゃんにとってスクールアイドル、そしてApoursはやっぱり"光"なんです。(これを書いた時に輝きを意味する"煇"という字があることを知ったのですが、褌(ふんどし)っぽくて嫌なのでやめたというどうでもいい話がありますw

"雨が降り止むまでは帰れない"という歌詞は本家Lemonそのままなのですが、「雨」という言葉を千歌ちゃんの心情と解釈すると"このままで終われない"という意味合いになって非常にGOOD。(自画自賛)何より、ラスサビの歌詞に繋げたかったという意図があります。

 

電車の中あなたの瞳(め)を見つめた

その焦点は虚ろに揺れ動いている

受け止めきれないものと出会っても

あなたが見せる表情、笑顔だけ?

二番は自分の中では梨子ちゃん視点で歌詞を考えました。

梨子ちゃんは海のシーンで「やっと素直になれたね・・・」と泣きながら行っているあたり、千歌ちゃんの気持ちを完全に理解していました。だからこそ、心の中で問わずにはいられなかったと思います。

ここ「バス」って書いちゃったんですけどTOKYOから沼津に戻ってきた交通手段、電車でしたよね・・・wルビィちゃんがダイヤさんの胸に飛び込んだの沼津駅じゃん!バカか!!電車でもリズムに乗れるのでしれっと直しておきました。ギリセーフです(セーフではない)

 

何をしていたの?何を見ていたの?

私の知らない横顔で

一緒に歌い、一緒に踊った。同じ音を聴いて、同じ景色を見た。それなのに、千歌ちゃんはこれでよかったんだよとでもいうように無理した笑顔を見せてくる。どうして?

上の歌詞に続き千歌ちゃんに対する梨子ちゃんの問いです。疑念、というよりは心配しているだけなんですけど。

曜ちゃんが千歌ちゃんに発した「やめる?」という言葉に「過去になにかあったの?」という疑問が浮かんでいた、という見方もできる意味深な歌詞になっていてお気に入りです。いやあ・・・原曲の歌詞はすごいな・・・。

 

どこかであなたが今わたしと同じような

涙にくれ淋しさの中にいるなら

わたしをあなたの側にいさせてください

そんなことを心から願うほどに

今でもあなたはわたしの光

梨子ちゃんはかつて「挫折」を味わったことのある人間です。だからこそ、千歌ちゃんの心の痛みは人一倍理解できると思うんです。だからこそ、彼女を励ますし、一緒に涙を流せるし、ビームだって出します。出だしが原曲そのままなのですが、ここまでピタッとハマったことに驚いたレベル。

「輝きたい!」と、まっすぐに進んでいくことができて、自分を引っ張っていってくれる千歌ちゃんは梨子ちゃんにとって「光」だと思うので最後もぴったり。

 

自分が思うより

恋をしていたあなたに

あれから思うように

息ができない

あんなに側にいたのに

まるで嘘みたい

とても忘れられない

それだけが確か

ここで千歌ちゃん視点に戻るのですが、うん、歌詞、一字一句変えてませんw色々と考えましたが、原曲の歌詞があまりにもハマりすぎています・・・改めて凄い歌詞だなぁと思いました。ララララララなんて素敵なララララララ文字の並び「あなた」という言葉をどう解釈するかでいろいろな意味合いになるんです。"スクールアイドル"とか"穂乃果さん"とか。

余談ですが、この歌詞、二期の廃校問題にも見事にハマりますね。自分は個人的にあの辺の展開が苦手なので(千歌ちゃん推しならわかってくれるかもしれない)あんまり膨らませられませんが。

 

あの日の悲しみさえあの日の悔しささえ

その全てを愛したいあなたとともに

 胸に残り離れない酸っぱい蜜柑の匂い

止まない雨はないんだって歌いたい

きらきらと輝くこの海のように

今でもあなたはわたしの光

ラスサビです。こんな恥ずかしい記事に最後まで付き合ってくれた方がいましたらお礼を申し上げます。

ラスサビを書くにあたり、絶対に入れたかった言葉が二つありました。わざと最後まで控えてきた、千歌ちゃんの本心である「悔しい」という言葉、そして「キセキヒカル」の1フレーズにもなっている「止まない雨はない」という言葉です。「キセキヒカル」はAqoursが走った末に辿り着いた歌なわけですが、せっかく走るきっかけとなった第8話を題材にしているのでうまいことねじ込みたかったんですよねw前述しましたが、"雨が降り止むまでは帰れない""止まない雨はない"と繋がっています。雨という単語を採用してくれた米津玄師に圧倒的感謝をw

 

 

余談

 

www.youtube.com

 

俺も替え歌やってみたいwwと思ったきっかけ動画。

0点も褒めるママ、胴長短足裸足の機械が天才すぎる。