海岸通り

沼津付近に住んでいたりする人のブログ

WATER BLUE NEW WORLD 感想

BD2巻をまだ引き取っていません。はてなネームユガルガンです。こんにちは。

ようやくブログを書く時間が取れたので、サンシャイン新譜の感想をつらつらと書かせて頂きました。

 

f:id:chikanzya:20180127073942j:plain

 

制服です。「アイドル」ではなく「スクールアイドル」なんだよなぁとわからせてくれるジャケが良いですね。

煽り文の「また、会おうよいつか」がきついので、スクフェスでお正月っちを触って癒しを貰う毎日です。(キモオタク)

 

この「WATER BLUE NEW WORLD」、一言でいうとAqoursの集大成だなと感じました。アニメで流れた時から「これは、いい・・・!」と思っていましたがやはりFULLは重さが違いますね。

よろしければ1おたくの感想におつきあいくださいませ。

※個人的な感想を書き連ねているので、「これはおかしいだろ?」と思う文章があったら申し訳ないです。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

目次のようなモノ?

 

 

WATER BLUE NEW WORLD

「光の海」の中でAqoursが披露した一曲。圧倒的完成度。

曲について

1曲のアニソンとして見ても非常に好みの楽曲でした。じわじわとボルテージが上がっていき、サビでガツン!とくる感じがストレートで好きです。こういうわかりやすく盛り上がれる曲は自分に合っているんですよね。転調が多かったりするので、歌っている側からするとわかりやすい曲ではなさそうですが(笑)

 

さて、この「WATER BLUE NEW WORLD」、歌詞を意識して曲を聴くと明確に自分たちのことを歌っているんですよね。かのμ'sは「ありがとう」や「おいでよ!」などといったファンへの感謝を前面に出した「KiRa-KiRa-Sensation!」という名曲を生み出していますが、Aqoursのこれはキラセンとは180度方向性が違う楽曲に仕上がっています。自分たちに言い聞かせているようにも取れる1曲に。それは何故か?そして、何故自分はそれに引き込まれるのか?

 

何故か。それはもちろん作詞が千歌ちゃんだからに他なりません。ラブライブ!当日直前まで自身のあり方に悩み、優勝を勝ち取ったあとも悩んでしまう。そんな不器用な人間が手探りで作り出した詞。「足掻いて、足掻いて・・・」とは劇中で千歌ちゃんが何度か口にした言葉ですが、彼女、というかAqoursには余裕なんてなくいつも必死だったんですよね。そんな彼女らの生き様が透けて見えるからこそ、この曲に強く惹かれてしまうのだと思います。Aqoursの集大成、という言葉を使ったのも彼女らのこれまでが伝わってくるからですね。(僕はかつて、2期7話の内容に疑問を持たずにはいられませんでしたが、この曲を聴くと我武者羅に突き進むAqoursを応援せずにはいられません)劇場版でこれを上回る楽曲が来ることは期待していますけどね!!

 

個人的に面白いな、と感じたのが「次の輝きへと海を渡ろう」「笑っていこう」などといったAqoursのこれからを思わせるワードが繰り返し使われているところ。千歌ちゃんは最後の最後まで自身と葛藤し、千歌ママの言葉によって自分の求めていた答えにたどり着きましたが、作詞している時、歌っている時には無意識に答えに気づいていたと解釈することができるのが面白い。ただこれらの詞に関しては「三年生の卒業」「浦の星からの卒業」といったものへの回答が一番だとは思いますが。ディスクも桜書いてありますしね(笑)

 

少し長くなってしまいましたが、この曲大好きです。本当に。

その他、気になったポイント
  • 歌いだしのマリー。冒頭から引き込まれてしまいます。
  • 歌う順番。ちかなん、リリヨハ等、物語を反映させてますね。何より各キャラの熱のこもった歌い方に震えます。
  • 「たくさん頑張ってきた時間が愛しい」ダイヤさんにぴったりの歌詞。
  • 落ちサビがまさかのシャロン。しかし、ようちかの優しい声から割とイケボだったりするルビィちゃんへのつなぎが良いです。

 WONDERFUL STORIES

最終話挿入歌。「Happy maker!」ポジションですが印象は全然違いました。

曲について

答えを見つけたAqoursが最後に披露(演出的には披露じゃないですけど)した楽曲。やっぱりWB正式名称が長くて書くのが面倒になったことが見て取れるな?と比較するとポジティブな印象を受けます。

f:id:chikanzya:20180127094435j:plain

な つ か し い

尊いぞ。

僕、この曲のサビの疾走感溢れるメロディーが大好きなんです。めっちゃ耳残りして、音程をすぐに覚えました(笑)

 

この「WONDERFUL STORIES」ですが、やっぱり歌詞に迷いがなくなったと感じました。千歌の成長を二曲で表現する、畑亜貴の恐ろしさやばい。Aqours自身のことを歌っていることはWBと共通していますが、アップテンポな曲調も合わせて「応援ソング」とも取れる一曲になっています。これ、絶対ライブでも盛り上がりますね。「いっぱいの思い出からは流れるメロディー」っていう真っ直ぐな詞がすごく好きです。

 

あと、これは友人がLINEで教えてくれたことなんですが、青い鳥と絡めてきたのが策士だなぁ、と。あ、ちなみに今のは歌の歌詞を作る意味の作詞と〜ちなみに僕、青い鳥の内容がイマイチわからなかったのでWikiで調べてみたのですが、正にAqoursだ、といった内容でびっくりしたので知らない方は是非調べてみてほしいです。

曲の話に戻りますが、彼女達はそれを籠の中に閉じ込めたままにはしない、と続くのがまた好きです。それもそのはず、次のDREAMING DAYSは、いつかまた始まるのだから。

 

籠の中に閉じ込めちゃうスクールアイドルもまた魅力的ですけどね。(どうしても言いたかったやつ)

f:id:chikanzya:20180127101115j:plain

 

(・8・)

 

その他、気になったポイント
  • 9人だからこそ歌える合いの手満載の曲。オタク友達とデュエットしたいです。
  • 2番「誰に訊いてもわからないミライさ」のちかっち可愛すぎませんかね・・・?
  • ここにきて再確認できたんですが、Aqoursは複数人合わさった時の音がすごく綺麗。

 あとがき

くう〜疲れましたry

僕はこの「ラブライブ!サンシャイン!!」というコンテンツに本格的にはまったきっかけが楽曲だったので、この素晴らしい曲たちに出会えてすごく嬉しいです。

「勇気はどこに?君の胸に!」がダントツで好きだったのですが、WBがそれに並んでしまい順位なんてつけられない現状。個人的サンシャイン楽曲ランキングとか書こうと思っていたんですが無理です(笑)劇場版の挿入歌への期待もますます高まりますね!

それでは、ここまでありがとうございました!

おまけ

 実はこのブログ、「できるだけネタを盛って面白くしたい」という気持ちで書いているのですが、今回は全然ネタを入れられませんでした。無理に決まっています。

と、いうわけで。記事とは関係ないおまけという形で、渾身の2コマ漫画を披露して終わろうと思います。

 

f:id:chikanzya:20180127102955j:plain

 

今を重ね〜

 

 

 

f:id:chikanzya:20180127103040j:plain

 

支倉かさね〜

 

 

それでは!!