【デッキ紹介】ハイブリッドサザン

プレイングが難しくないサザンです。
綺麗にまとめられて満足しています。


【内容】

アクロアイト×4
オリオティス×4
ソルハバキ×2
ティグヌス×2
ララァ×4
ダイヤモンドソード×2
ライデン×2
フェイウォン×4
ミラクルストップ×2
メメント×3
ヘブンズロージア×4
サザンルネッサンス×4
ミラダンテトゥエルブ×3

次元:ロージアダンテ


ウィニーを並べて殴る。こういう戦術が昔から好きでしたが、正直限界を感じてしまったことがこのデッキ作成の始まりです。
サザンルネッサンスのパーツって全体的にカードパワーが低いのでとにかく脆いんですよ。
適切なメタカードを確実に引き込み遅延、サザンを着地させる。そこまで出来てはじめて他の環境デッキと戦える。
リカバリーが効かない為、些細なミスがそのまま負けに直結してしまいます。(本当に初めの頃、安易な革命チェンジからブラックアウトが出てしまい、そのまま蹂躙されましたw)
上手い人は本当に綺麗に回すのでしょうが、自分はどうしても札束に勝てなかったので自身の勝ち筋を増やすことに。
「ヘブンズロージア」、「ミラダンテ」の採用です。(ミラダンテはよく入っているので新鮮味ないですけどね)
「ララァ」「アクロアイト」がサザン、ロージア両方にアクセス出来る為共存が出来ました。


【解説】

アクロアイト、ララァ…サザン、ロージアを早期召喚するためのカード。サザン召喚の安定性向上は勿論、ネバーエンドが4ターン目に立つのは雑に強いです。ミラクルミラダンテを打点として扱いやすくなるのもポイント。アクロアイトがドルマゲドンで燃えることが欠点。

オリオティス…サザン御用達の踏み倒し対策。コスト軽減、自ターンでも効果があることから他の踏み倒しとは一線を画す。

ソルハバキ…マナ回収。

ティグヌス...ハンデスは不利対面なんですが、少なからずいるので最低限のケアとして。サザンが着地できるまでしのげれば上々です。

ダイヤ…並べて殴りきる動きを取る際に力を発揮します。枚数はこれで良さげ。

フェイウォン…キャントリップが優秀な防御要員。このカードのおかげで水を抜く勇気が持てました。

ライデン...メメントと組み合わせの防御 序盤のタップキル(やったれマンとか)


ミラクルストップ…エンドカード。ベガスだらけなのでこれかラフルルは必須だと思います。

メメント…並べるデッキと好相性なフィールド。防御力アップは勿論、相手も並べるデッキだった場合、擬似全体除去として欲しい。時々ヘブンズヘヴンが裏返る。

ロージア…カードパワーの塊。

ミラダンテトゥエルブ…これで突っ込むだけで勝てる。そんな試合もたくさんあるんですよね。ループに好き勝手されることを少しでも防ぎたい、という意図もあります。